2015年10月09日

パーティーのその後

夏のことなんで今更なんだけど

前回のパーティーでカップルになった女とは2週間ほどメールしていたがこっちから切った。

向こうから会いたいと言われてとりあえずアポまでとりつけていたが、キャンセルさせてもらった。

全くドキドキ感もないんだよな。
たぶん2年前の俺なら会っていたと思う。

とりあえず会ってアポの練習だなんだと言って。

しかし今の俺にはダブルワークで時間がない。
無駄なことはできん。
それに1年以内に結婚希望とかひくって(汗)

ずるずる引き延ばすよりはこれの方がよい。
いや、むしろ最初から会うつもりもなかったからメールを2週間もするのも失礼であったかと反省。



posted by ムロウ at 09:12| Comment(2) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

カップリングパーティー in 神戸(夏) 後編

会場を見渡してみる。

男女ともに15人ずつといったところか。
男の方が少し多い感じだ。

女は見た感じ年齢は30代が多数か。


男はさえなさそうな売れ残り臭ただようオッサンや、さえないブサメンが多数だ。
CIMG6933.jpg

マジか?

大卒はともかくとして、本当に貴様ら年収600万円以上稼いでおるのか?

とてもそんな能力があるようには見えん。

年収600万円以上稼ぐ人間は日本では10%以下らしいのだぞ。





まぁいい。


プロフィールカードの記入だ。

なつかしい感じがするぜ。

そして心なしか俺の毒づきも戻ってきた感じがする(笑)

39歳はウケが悪いので2歳ほどサバをよもうと思ったが干支を書く欄があったのでやめておいた。

サバ読み防止のためか。

むぅ。

考えておる。

男は高収入のためか年齢が高めが多い。

40歳までとなっていたが30代後半が多い印象だ。

女は30代が多い印象だ。

一通りしゃべってわかったのだがなぜか36歳が半分くらいいた。

20代はたった一人だった。

ぬぅ…!


オッサンとオバハンの恋愛がここから展開されるのか!?


気色悪っ!

オェ!


連れは結婚願望100%で気合入っているが、俺は5%未満だ。
気負わず気楽なものよ。




しっかし みんな賞味期限がきれとるのぉ。

つい最近ネットで、こんな投稿があった。

「カップリングパーティーは、ゴミ捨て場から使えるものを探す作業に似てた」
http://ryusoku.com/archives/4499609.html4

ちょっとうなづいてしまった。


1人目は俺の前に座っていた36歳。
となりの2人目も36歳。

ともにスト4、スト5位か。

スト値が下がるのもやはり年齢からか。
あと10歳、いや5歳若ければまだ見れただろうに…

面喰いの俺にはなかなかキツいものがあるぞ。

さすがに36歳だと俺を奮い立たせるものがないな。


しかしこういった場であからさまにやる気のない態度を出すのは失礼であるし、マナー違反だということは今までの経験からまなんだ。

女の職業は事務をしているものが多いように思えた。

しかしみんな年収600万円以上という肩書にひかれてきたんだろうな。
目が怖いんだよな。真剣味がありすぎて。
こういう場所では女の本性が垣間見えて怖い。

そもそも、それだけ稼げている人間はもっとキレイで若い子を選ぶだろうに。

自分を客観的に見れておるのか?
まぁこれは俺自身にも言えることだが。

2人目の36歳の女が喰いつきが良かった感じだ。
音楽のことで話が弾んだ。

背が高いからか落ち着いてというか… 老けて見えたな。
40代半ばの雰囲気があった。

俺はこの女を「40半ばの雰囲気を持つ女」と名付けることにした。

唯一の20代の28歳のスト3が変なヤツだった。

どれどれ、プロフィールカードを見てみよう。


好きなタイプは…


細胞がきれいな人。


プっ



「どんな人?」と聞くと…



(神戸の)元町を歩いているオジサンは嫌ですね だとよ。




どうやら頭にお花畑が咲いているようだ。


あとで連れも「おかしな女やった。典型的なB型や」と言っていた。

一通り全員としゃべると次はフリータイムだ。
自分のしゃべりたい女と5人しゃべりに行く事ができる。

今回はしゃべりたい女がいなかったので最初の1人、2人はいけなかった。


しかしせっかく金を払っているので2人だけしゃべりに行った。
1人ははじめに俺の前に座っていた36歳と、もう一人は別の場所に座っていた36歳だ。
こっちの女は年齢よりもやや若く見えたな。
このぐらいになると年齢にも老け具合にも個人差が出るよな。

しゃべり終わったので元の席に戻ってカップル発表を待つ。
待っている間に、隣に座っていた「40半ばの雰囲気を持つ女」から携帯番号を書いた紙を渡された。

顔立ちは整っているのだがいかんせん老けている。

だがこの場ではありがたく頂戴しておこう。

俺はカップルになりたい子がいなかったが、とりあえずまぁまぁ話が弾んだ最初に前に座っていた36歳の女の番号を書いておいた。





するとカップル発表でさきほどの36歳の女とカップルになった。

だがうれしさはない。
半分くらいカップルになれなかったのでホっとしたものはあったが、むなしさもあった。

そしてこの女、プロフィールカードの結婚願望の欄の1年以内に結婚希望にチェックをつけていたのでオレをひかせた。
そりゃ36歳にもなれば焦るよな。

しかしな、その焦りはみんなにつたわるんだよ。


パーティーが終わって会場の外で女とメール交換をした。
はじめから乗り気でなかったが社交辞令で。なにか憂鬱になるわ。

今回は連れもカップルになっていた。


まぁカップルになれたとことよりも久しぶりに連れと会って気晴らしできことがうれしかった。


posted by ムロウ at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

カップリングパーティー in 神戸(夏) 前編

夏ごろの記事を書いてお蔵入りになっていたのでアップしていくぞ。
ちなみにこの時はまだナンパは半ば引退状態で、復帰も未定であった。



盆前に、1年ぶりに神戸のナンパ仲間と会ってきた。
「久しぶりにカップリングパーティーに行かないか?」とのお誘いだった。

ほぅ。
カップリングパーティーか。

ひさしぶりだのぉ。


行ってみるか!


俺はパーティーよりも連れに会うことの方が楽しみだった。
今も孤軍奮闘して1人でパーティー通いしている連れに。


今回のパーティーは遊びだ。
どうせ神戸で遠いし、俺の結婚願望も今はほとんど無いに等しい。

今は結婚しても三分の一が離婚する時代だ。

別れて毎月、慰謝料、養育費を払い続ける。

何のバツゲームだ?と思ってしまうわ。

仮に結婚生活が続いても嫁のATMだ。


最近俺は、「結婚しない方が幸せな生き方ではないのか?」と少し思い始めた。


小さいころ一緒に遊んでいた親戚の一つ上の兄ちゃんも離婚したなぁ…


神戸の地に降り立ち、連れと再会する。
thumb5.jpg

あまり変わっていないようだが、恋愛面では苦戦しているらしい。
結婚願望が強く、連日パーティーに参加し続けているらしい。
なかなかうまくいっていないようだ。

実は今日会う前にもひとつパーティーに行って来たそうだ。カップルにはならなかったらしいが。
パーティーのはしごだな。

俺のように結婚願望がなくなれば楽になれるのにな。
連れは力が入りすぎだ。

さっそく受付に行く。


受付の姉ちゃんが可愛かった。

今までの経験からなぜかスタッフにはキレイどころが多いよな。

先に会計をするぞ。





3500円か!

安い!

今の俺には遊びで払える金額だ!

今日のパーティーは敷居が高めの大卒かつ年収600万円以上が参加条件のエグゼグティブパーティーだ。

本来俺はここに来るべきではない人間。
参加できない人間だ。

だがウソはついていない。

一応大学は出ている(偏差値の低いDランクだが)

年収はダブルワークと合わせたら、ここ2年は600万円を超えている。
本業だけでは絶対に及ばないが。

しかしいくらそこそこ稼いでいて貯金が増えてきても、俺のコンプレックスは消える事は無い。
なぜなら本業だけで稼いでいるわけではないからだ。
社会人としてどうなのか?といつも思ってしまう。

バイトを辞めればたちまちワーキングプアに逆戻りだ。
これが俺がバイトをやめられない理由だ。
働き続けねばならん。

まぁ身バレもしているので金の話はこの辺にしておくか。


少し話がそれたわ。

俺はパーティー会場に入る事にする…


続く…

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ




PVランキング



ホームページ・ブログ百選



posted by ムロウ at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

カップリングパーティー in 梅田

11月の末に連れとカップリングパーティーのリベンジに行ってきたぞ。
梅田で行われた1900円の安いパーティーだ。

今さらだけど更新だ。

11月だが梅田の地下街はもうクリスマスモードだ。
SANY0451.JPG

安いパーティーだし、今回は遊びのつもりで色々ためしてみようと思った。
そのひとつが、プロフィールカードの趣味の欄をナンパと書こうと思った。

これならチャラくいけるだろうと思ったし女の反応を見てみたいというのもあった。
ドン引きするのかそれとものってくるのか?

しかし俺自身ひとつ不安があった。
実際パーティー会場にいくとビビって趣味をナンパと書かずに、また旅行やスポーツと書いてしまうのではないだろうか…と。

そこで初の試み。

パーティーの前にアルコールを入れてテンションを高めておくことにした。
今までなぜアルコールに気づかなかったのだ。

家では酒をきらしていたので、前日に難波の酒屋でウォッカを購入した。
SANY0436.JPG

ウォッカを飲むのは約1年ぶりだ。

家にジンが置いてあったが口にあわないのでほとんど飲んでいない。
マツヤニの香りが無理だわ。

ウォッカはすごく口にあう。

ビックリしたのが市販でアルコール98%の酒が売っていた。
SANY0435.JPG

もはや酒ではないよな。
一口飲んでみたい気もしたが。

パーティーの受付に着く。

今回も満員御礼だ。
SANY0449.JPG

なかには、お前は無理だろうというダサブサメンもおる!

スケベどもが。

群がりおって!



よし、ノってきた!
久しぶりに文章を書くとテンションもあがる!


ひねるぞ!クソが! 

ダボが! 田吾作が!



早速中に入ると男女24人ずつ位はいているか。

年齢は結構若そうな感じだ。
さすがに38歳の俺は浮いてしまいそうだ。


まぁ不気味だよな。
この歳で参加しているのだから。

38歳で独身。

非常に聞こえが悪い。


キツいよな。


受けが悪いよな。



犯罪者予備軍だよな…




そこでだ。


俺はもうひとつの秘策を使うことにした。

この歳で独身は受けが悪いので…



バツ1という設定にしておいた(汗)


まぁ安いパーティーなのでこれも実験だ。


これで女受けがよくなるといいが。

趣味がナンパでバツ1か。
ひかれるかもな…


さっそく全員と順番にしゃべっていく。
79bd1be38h9.jpg

トーク時間は一人2分ほどなのですぐに終わってしまう。

今回は女の年齢は結構バラツキがあったがやはり26、7が多かった。
20歳や21,2の女もいたな。
まぁただ若いだけだったが。

最高年齢が32歳か。

そして看護士率が高かったな。

やはり不規則な仕事で出会いがないのだな。

女のレベルはスト1〜スト6といったところか。

スト5、6の女をみんなで奪い合うのか。
むなしくなってくるな。


しかし一人スト9の女がいた。



司会の姉ちゃんだ。

女性雑誌の専属モデルか?と見間違うほどのレベルだった。
俺は見とれてしまっていた。

周りの女共が見事に引き立て約になっていたな。


街を歩けばナンパされまくっているだろうな。



1時間ほどで全員と一通りしゃべり終わる。

趣味ナンパを突っ込んでくれた女は5人ほどだ。
あとは見て見ぬふりだった。

特にプラスになることもマイナスになることもなかったように思える。

バツ1もあまり突っ込まれなかったな。
突っ込むのが気まずいと思ったのだろうな。

二十歳の大学生もきてたな。
大学1回生といっていた。

まぁただ若いだけでスト値は4といったところか。

「ここなら私若いし勝てる。まわりオバハンばかりやし」という思惑を感じた。

いやいや、あんた全然勝ってないし。

若いのにこんな場所にくるのはほとんど嫌味だよな。
若干イラっときた。


今回は前回と違い酒のおかげでテンション高くいけた。


全員と約2分のトークを終える。

後半はフリートークだ。
今までのパーティーとは違い、椅子とりバトルではなく、全員立って入り乱れてしゃべる形だ。
SANY0448.JPG

まさしく文字通りフリートークだ。


しかしいきたい子がいない。


それにこの形式は非常に喋りにいきづらい。
社会人サークルっぽい感じで俺の苦手な形式だ。

人の会話に割ってはいるものしんどいしな。

結局フリートークでは誰とも喋ることができなかった。
周りを見渡してみても結構そういう者が多かった。


トークはこれで終了だ。
結局一人一人と喋ったのは2分だけということになる。
これは会話というよりも、ほとんど挨拶だろう…


俺はとなりに座っていた30代の男と少ししゃべった。
イケメンではなかったが人当たりよさそうな感じだった。
明るそうでさわやかな感じだ。

最後に好感をもった子の番号をカードに書く。
本命カード1枚と、お友達希望カード3枚だ。

お約束だのぉ。

俺は今回は特別気に入った子もいなかったので、とりあえずルックスで決めて4人の番号を書いてバラ巻いておいた。
前回と違い全て書いたのはほめてやりたい。これもアルコールの力だ。


ナンパが趣味と書いたのが悪かったのか、バツ1と書いたのが悪かったのか、それとも総合的に俺の実力不足なのか、1枚もカードをもらえなかった。
連れも1枚しかもらっていなかった。


くやしさはない。もう慣れた。
憤ることもない。
だいたい、女も持っているカード4枚全て入れる者など稀だ。

しかし、さっきのとなりのさわやかは6枚ほどもらっていたな。
いい奴そうだったので毒舌は吐かない。

こういう場だと第一印象が第一だという例を見せつけられた感じだ。


今回実験的なことをしてみたが、反省として、やはり大の大人が趣味ナンパと書くのはウケが悪いように感じた。
引いていた感じがしたからな。


バツ1もこれも微妙だったな。

なんならバツ2とかバツ3とか子持ちとか書いてみれば面白かったかもしれん。


安いパーティーだったので損した感じはないな。


またちょくちょくいってみるか。
ナンパと併用して。

司会の姉ちゃんが一番目の保養になったわ。


posted by ムロウ at 18:44| Comment(12) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

久しぶりのパーティー in 大阪

最近ナンパのモチベが上がらんので、気分転換に久しぶりに連れと大阪のカップリングパーティーに行ってきましたわ。

たまにパーティーに行くとナンパのモチベも上がる。
「こんな非モテどもと同じ行動をしていてはダメだ」と思って。


高かったら行かなかったけど、1900円と安かったので半分遊びで。
女は無料だった。

おかげで満員だった。

男20人に女20人ほどだった。

最近よく思うんだけど、参加する前はテンション高いんだけど、会場につくとテンションが急激に下がるんだよな。
こいつらと同じ立場か?と思って。

パーティーが始まってしゃべってみたけど俺のテンションは低いままだった。
はじめに強制的に全員としゃべるんだけど沈黙が続いた女も2人いた。

フリートークでも誰ともしゃべりにいかずに、4枚あるカードに誰の番号も書かずに提出した。

まぁそんなテンションなので今回はうまくいかなかった。

連れも俺のテンションの低さにあきれていた。すまん。

パーティーは女の年齢層は27〜8がムッチャ多かったな。
最高年齢が35歳だった。2人ほどだったか。


30歳以上が少なかったのは、たぶん高齢になると来るのに抵抗があるのだろうな。

品定めされるようで。


それは俺も同じだ。

参加しているとき思った。


たぶん俺が最高齢だろうな…
場違いな感じがしてここにいていいものか?と思ってしまった。


独身の38歳ってムッチャ受け悪いだろうな。
せめてバツ1なら救いがあるが。

「この人はこの年まで何をしていたんだろうか?」などと思われてはしないだろうか。

クソが。

いちいち俺を憂鬱にさせてくれる。



そして俺のテンションの低い理由の一部がわかった。


それは本音を語っていないからだ。


自分のプロフィールカードを見たがなんだこれは?



趣味は旅行だ?スポーツだ?



性格は誠実だ?




笑える



己の趣味はナンパだろう。
生きがいであったはずだろう。

なぜ女どもに発表できない?

梅田の地下街で声をかけていると。

100人組み手を何回もしたことがあると。

これは自分をよく見せようと繕っている証拠だ。



また近々この安いパーティーがある。
500円割引の券をもらったので1400円で参加できる。

連れとまたいくことにいた。


そして俺は思った。

どうせ1400円と安いし実験的に趣味の欄に「ナンパ」と書いてみようと思う。
これの方が俺のテンションも上がるし、話のタネになりそうだ。

本音をぶつけてみよう。


趣味にスポーツ、旅行などと書いても全く話が盛り上がらないからな。


そしてもう一つ実験的な秘策があるが、これはまた次回パーティーが終わってから書きますわ。




posted by ムロウ at 12:13| Comment(18) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

2年半ぶりのカップリングパーティー in 奈良

俺はメンタルがやや回復気味だったので、約2年半ぶりに奈良のカップリングパーティーに行ってきた。
今回行くところは初めてだ。

開始2時間前くらいにJR奈良駅前に着いたのでナンパでもしようと思っていた。

相変わらず人が少なくゆる〜い空気が流れているな。
SANY0447.JPG

ターゲットが全然いてない。
女の数はおそらく大阪の20分の1くらいか。ホンマに。


テンションが全くあがらんので近くのネットカフェに逃げ込んで時間をつぶした。


時間がきたので会場に向かう。


最近はパーティーに行かずにナンパばかりだったのだが、今回なぜ行ったかというと…




1980円だったから。



普段はパーティーに参加している人間を「パコパコに飢えた者たち」などとバカにしていたが、1980円なら行ってやる(上から目線)
ちなみに女は無料だった。

これくらいの値段ならコストパフォーマンスもいいだろう。

ネットでたまたま見つけたんだけど。


前行っていたパーティーは4000円に値上げしていたしな。
この値段ならまず行かんな。あそこは交通の便も悪かったな。


今回はJR奈良駅徒歩2分なのですごく便利だ。
初めていくところなので興味もあった。



さっそく受付に行くと数人の男たちが待っていた。
SANY0448.JPG

1人でこういう場所にくると恥ずかしさがあるよな。

女は9人、男は16人いた。

女は無料でも人が集まらないんだな。
田舎を感じるな。


みんな頑張ってプロフィールカードを書いておるのぉ。
SANY0449.JPG

カードの欄に、将来の夢は?というのがあった。

30半ばのオッサンに夢など聞かれてもなぁ…

好きなタイプを書く欄もあった。
思い浮かばなかったので、タバコを吸わない人 と書いておいた。

今思えば、ノリのいい子 と書いておけばよかった。



トーク開始!


まずは1回目のトークで順番に席をずれていき女全員と喋る。


女は30代が3人、20代が6人だった。


そこそこカワイイ子もいたが、やはり大阪に比べればレベルが落ちるよな。
そもそも数が少ないからそう思うだけか。

男のレベルもそうだな。

若い奴らが多かったが、田舎の田吾作みたいな感じが多い。

「どこでその服買ってん?w」と突っ込みたくなるやつもいた。


一番初めに喋ったのは35歳の会社員の女。







負のオーラ出まくっていたな。



例えるなら、場末のスナックで働いていて酒飲みすぎて体壊した みたいな感じだ。
肝臓でも悪くしたか?




ワンレンの前髪垂らして、落ち武者みたいな感じだった。



恐ろしい…



3人目が34歳のスト3。
なんか、向こうがこっちの年齢に安心していたな。
周りが若いのばっかりだったから。

さすがに34歳ともなると、もう雰囲気がオバチャンだったな。
しゃべり方も。
性的魅力はみじんも感じられない。

しかしなんか気に入られた感じだった。

1人、始め遠目から見たときスト8くらいか?と思っていた子がいた。

喋りに行くと31歳だった。

近づいて顔をよく見てみると年相応な感じで、笑うと目じりにシワがあった。
う〜む。
スト6くらいか。

遠くから見て光の加減で綺麗に見えたのか。

女は25歳がお肌の曲り角だからな。

30くらいになると個人差がすごいわ。
すごく若く見える人と、老けてみる人の差が。

若く見える人の方が魅力的だよな。



7人目くらいで27歳のスト2と喋る。



ん…?



なんか違和感が…



見たことあるぞ。


特徴のある喋りなので思い出した。


3年位前に奈良のパーティーで喋ったスト2の女だ。



スト2よ…





お前まだおったんかい 笑



向こうは覚えているかどうか知らんが。

前に3分ほど喋っただけだから。


バッチリメイクして気合いれてオシャレして来ていたな。


女はほとんど1人で参加していたな。

最後の子だけ友達同士で参加していた。


28歳の菅野美穂似のスト7。

これは結構可愛かった。
男受けしそうな感じだ。


1回目のトークが終わりアプローチカードにメールアドレスや電話番号を書く。
3枚まで書ける。

俺はさっきの28歳の菅野美穂似のスト7と他は31歳の年相応と、34歳のオバチャンを書いておいた。
34歳のオバチャンはどうでもよかったんだけど消去法で。
他の20代の子が反応悪かったので。

まぁこれが後々俺をヘコませてくれることになるのである。


そして2回目のトークタイム。
SANY0450.JPG

また全員と喋っていくんだけど、2回目はグループトークだった。
男2人で一組になって女2人組に喋りに行く。

なにか変な感じだ。

たぶんこうすることで時間の短縮になるという意図を感じられた。

俺は知らない20代半ばの男とペアを組まされて女2人組に喋りにいく。


だがやることは一緒だ。

男女お互いプロフィールカードを交換しあって喋る。
あまり2対2の意味合いがないな。

トークの最中にスタッフから、さっき女が書いたアプローチカードをもらう。

俺は3枚もらえた。まずまずだ。
SANY0422.JPG

内容は…


1 28歳菅野美穂似のスト7
2 35歳、場末のスナック風の落ち武者
3 34歳のオバチャン


キツッあせあせ(飛び散る汗)



1人以外全然アカンがな。


やばい…

年々こういう場での反応が悪くなっている気がする。
2年半前に来たときはまだ20代からももらえていたぞ。

20代の女から見たら37歳は明らかにオッサンだもんな。

確実に男としての賞味期限が切れかけている。
死期がせまっている。

真剣に恐ろしさを感じたな…



最後にカップリングカードを書く。
これも第三希望まで書ける。

俺は
第一希望  28歳菅野美穂似のスト7
第ニ希望  31歳の目尻にシワがあった年相応のスト6
第三希望  24歳のスト6の看護師



スタッフがカップリングカードを回収して集計を行う。


このパーティーはカップルになったら、番号発表するシステムだった。


やめてくれ。
恥ずかしい。


スタッフが読み上げていく。


俺は…



28歳菅野美穂似のスト7とカップルになった。


おぉ、意外。


うれしさよりもホッとした。
もう、この後続かなくてもこれだけでよかった。
まだ男の価値が少し残っていたか…


半分くらいカップルになっていなかったから。


奈良だとなぜかカップルになるな。
大阪だと散々なのに。
というよりあの大阪の300人パーティーが雑すぎるだけなのか…

最後、会場の外であいさつだけして帰る。


そして駅に向かって歩いている途中だった。


メールが来た。


さっき、消去法でアドレス渡した34歳のオバハンだ!

「友達になってや〜」みたいな内容で。


家に帰った後に

「ご飯でも行きたかったのにね」 とメールがきた。


俺は無視しようかと思った。

カップルになったし。


けど友達くらいならいいか〜 という安易な気持ちでメールした。


女は俺がカップルになったのを知っていた。
そして女自身はカップルになっていない。

だから焦りもあったのだろう。
番号もほとんどもらえなかったのだろうな。


メールの返信も早いし、絵文字満載だったな。
こんな感じで絵文字5連発だ。
SANY0423.JPG

歳に似合わず、女子高生みたいなメールを打ちよる。

語尾を小さくして
「疲れたよぉバッド(下向き矢印)


…ひくわ。



そして次の日だった。




34歳の女から「あんまり喋られなかったから細かいプロフィール教えて」とメールが来た。


俺は、こういう仕事していてどこそこに住んでいる とメールを返した。



すると




一切返信がない。




あれか。




仕事地味そうで年収低そうとでも思ったんだろうな。


まぁ女の考えていることはこうだな。

「な〜んか仕事地味そうで中小企業の匂いする。年収も低いやろうな。
話合いそうで、こっちから友達になってと言ったけどやっぱヤメとこ。危ない危ない。
またパーティー行って探そう。
それにあの人カップルになってたしw」 

おおよそこんな感じだろう。




ははは





ほほほ





ウケる 笑




お前あれだけ絵文字満載に使ってガンガンきとったやろ w





あの絵文字5連発の勢いはどうした?



女子高生風の甘えたメールはどうした?笑  ん?



この変わりよう。

人間不信になるわ。


人をそんな風に値踏みするように見えなかったので余計に…


女の計算高さみたいなのを目の当たりにしたな。










オバハンよ…




高望みするな。




もう、ええがな。





34歳だろ、もう。

いい大人だろ。



どこかで妥協せい。


折り合いをつけろ。な。




俺がエリート商社マンや、医者、弁護士、はたまた美容師やデザイナーであってほしかったのか?
上場企業勤務、もしくは親方日の丸の公務員であってほしかったか?


こんなショボい奈良のパーティーにお前の求める金持ちや、横文字のカッコイイ職業の男など来ない。


見てみい。

田舎の零細企業で働くうだつの上がらなそうな奴らばかりだろ。


そしてだ…



己のスペックを見てみよ。


34歳で年相応な感じのオバハンではないか。
ルックスもスト3。

どこに武器があるのだ?


さらにこんな奈良のパーティーでカップルになれないようなら、大阪のパーティーにいけばもっと悲しい結末が待っているぞ。(フリータイムで誰もしゃべりに来ないとか)


最近ネットで見つけた動画でこんなのがある。


まさに的を得ていてピッタリだと思う。


ちなみにこの人奈良県在住で37歳という偶然。(俺ではないし知り合いでもないぞ)



カップルにはなったものの、軽く人間不信になった俺でした。


まぁよくあることだろう。こんなことは。


ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ




PVランキング



ホームページ・ブログ百選



posted by ムロウ at 01:34| Comment(86) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

カップリングパーティー 七夕

先週の七夕の土曜日にいってきたぞ。 カップリングパーティーに。

前回と同じ150対150人のパーティーだ。

ただ今回はいつもと違いやる気がなかった。
前日に予約していたんだけど当日になると段々面倒くさくなってきた。

夜7時開催で、それまで疲れていたので家で昼寝をしていた。これが気持ちよくてな。

6月は休日出勤が3回もあったので疲れがたまっていた。

このまま寝ておきたかったが行かないとキャンセル料とられるので重い腰をあげて行くことにした。


しかし今回はソロだしなぁ。
こんなもの一人でいくべきでないな。

仲間とふざけあいながら行くくらいがちょうどいい。

今回も人がいっぱいだ。
SANY0357.JPG

みんな楽しそうな表情をしておるわ。

一人だと孤独感が強まるな。

もう見慣れた光景だ。毒を吐くのも疲れる。


しかし俺のテンションはやたら低いな。
過去最低だ。
大丈夫かな…

今日の俺のファッションは上から薄いピンクの七分袖のシャツ、ベージュのカーゴパンツ、白のデッキシューズ。

このモデルが来ているのと同じシャツだ。
93360_roke_a_02.jpg

イケメンが着ると様になるよなぁ。

悪くない。テーマはさわやか だ。

トップスは水色のデニムシャツを合わせたかったのだがやめておいた。

なぜなら、このコーディネートが流行っているのか街中でやたら見かける。
今日も駅で3人、会場で1人見かけた。

駅で見かけた2人など、連れ同士で同じコーディネートだったな…
連れ同士でどういう心境だったのだろうか?

ファッションが被るほど見苦しいものはない。
俺は街で自分と同じファッションしている人がいたら、その場から去りたくなるかからな。

周りから「あいつ、ファッション被っいてる」と思われるのが恥ずかしい。



会場は相変わらず薄暗い。
SANY0367.JPG

あかん。

もう飽きた。

全然楽しさがない。


プロフィールカードに書くがだんだん適当になってきた。

ええっと…

デートに行きたい場所は…
SANY0350.JPG

そんなものはないわ。



まずは恒例の挨拶。

男が席をずれていき、1人ずつ挨拶をしていく。
150人全員と。

その間、女に品定めされるということだ。

嫌になるな。

人間不信になりそうだ。


そしてだ。


この中にはいったいどれくらいの数のサクラがいるのだ?


俺は推定20人以上はいると見た。


なぜかというと前回のパーティーでブサイケメン2人組にポンポン女から第一印象カードが入っていたからだ。
http://bonkuraossan.seesaa.net/article/261118697.html

あのときでだいたい20人以上いたからな。

今思うと不自然すぎたので、あれはサクラの女たちだと思った。
まるで紙袋に吸い寄せられるように女が寄ってきていたからな。

あの時のブサイケメン二人組もカード回収係のサクラだったのであろう。


勝手な推測だけど。


さすがに半分の70人以上がサクラってことはないよな…
0ってこともないと思うけど。


全員とあいさつが終わる。

ここからトークタイムだ。

椅子取りバトル形式で好きな女のところに喋りに行ける。
SANY0360.JPG

3回喋りに行ける。

いつもなら俺は行っていた。

これだけの人数なのであふれることはまずないので。
そこそこのルックスの子も多いし。

しかし今回俺は1人も喋りにいかなかった。

…もう始めからやる気がなかった。

こんなのは初めてだな。

そうとう性欲や女欲が落ちている。

何しにきたのか分からんわ。


しかし周りを見渡してみると、俺と同様始めからやる気のなさそうな者や喋りに行かない男が結構いた。


安心した。

俺だけではなかったのだな。
親近感がわく。

初心者で勝手が分からない者もいたのだろう。
このパーティーはやたら展開が早いからな。

実際そういった声も聞こえて来た。
「展開早いなぁ」と

そしてそういった男たちはみんなジュース飲み場の前にあふれていた。
SANY0366.JPG

ここにいると同化できて目立たないわ。

スタッフが無理やり空いている席に座らせようとしてきたが、無視してやった。

しかし薄暗い会場にこれだけの人数がいて異様な空間だ。
SANY0361.JPG

3回のトークが終わり、次は女が順番に男の持つ白の紙袋にお友達希望カードなるものを入れていく。
SANY0349.JPG

この間男はずっと目をつむったままだ。
前回の時と同様。

結果からいうと俺は今回一枚ももらえなかった。
しかし前回ほどの憤りや屈辱は感じない。
いたって冷静だ。


なぜなら俺の周りの男も全然もらえていなかったからだ。

もらっている奴でも2枚ほどだったな。

他10人ほどの男はさっぱりだったな。

結構フツメンやオシャレが多かったのに。


また女は回収係のサクラの男に群がっているのだろうか?と思ったな。


そして再び男が女に喋りに行く番だ。
これも前回と同じで、お友達希望カードをもらった女のところに喋りにいける。
カードをもらっていなくても喋りにいっていい。
優先順位はない。


しかし俺はしゃべりに行かなかった。

ただ見ていただけだ。


もういい。


しんどくなってきた。

途中で帰っている男もいたな。


俺も帰りたくなってきたが、一応なにか爪痕を残したい。


最後に男が女に友達希望カードを渡す番だ。

さっきと逆で女は目をつむり紙袋を広げて男のカードを待つ。








入れまくるか。

とりあえずルックスのいい子に無差別に。


俺は持っていた友達希望カード6枚ほどと、本命カード1枚を可愛い子を選んで入れていく。
直感で。

ただそれだけでは次につながらないので、カードの裏にメールアドレスを書いておいた。


ふぅ…

これでいい。


まぁメールはこないだろうな。喋っていないし。


そして、今回は何の成果もなく家に帰るのであった。

あぁ〜 むなしぃ。

次もパーティーあるけど楽しさがないよな。
飽きてきたし、サクラもいるかも と思うと興ざめだ。


やっぱり連れといって失敗を笑いあうくらいのノリの方がいいよな。


俺は土曜の夜、テンションの低いまま家に着くのであった。








ところがだ。



家に着いたらきたがな。




女からメールが! 笑


暗がりだったし全く顔も覚えていないけど。

本命カード入れた子の顔ははっきり覚えている(タイプだったので)
たぶんこの子ではないだろうけど。


バラまいておくものだのぉ。


全く喋っておらず、お互い顔も分からないのにな。
パーティーは必要ないだろ って話になるな。


で、今もボチボチメールしているぞ。

なんとかアポにとりつけたいものだ。
不思議な感じになるよな。



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ
posted by ムロウ at 08:33| Comment(28) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

巨大カップリングパーティー in 梅田(後編)

次は女が男を品定めしていく番だ。

女が順番に男150人をまず1周して見ていく。

1周すると、次は2周する。

2周目で気に入った男にインプレッションカード(好印象カード)を、男が持つチェックの袋に入れていく。

男は1周目からずっと目をつむったままだ。

女はこのカードを20枚持っていて、20人まで入れられる。
つまり自分の中のベスト20位の男にカードを入れるわけだ。

150人の女が各20枚カードを入れる。

これならそこそこもらえるだろう…

奈良のパーティーなら結構もらえたしのぉ。


目をつむりながら待つ…
SANY1277.JPG


しかし… 袋にカードが入っている感触がしない。

音がしないのだが…

それとも紙だから音がしないのか?


だが隣の男はカサカサ音が鳴っている…


焦るわ…


そして女が全員回り終わったので、男は目を開けてチェックの袋の中身を確認する。



俺は…



一枚だけだった(悲)バッド(下向き矢印)
SANY1284.JPG


右隣の男たちはどうだろうか…
2人組の連れで20代後半くらいのとある芸人似の結果は…



ピンクのカードをたくさんもらっておったわ!



二人とも20枚以上もらっていたな!


で誰に似ていたかというと、

俺のとなりが、芸人のアンジャッシュの児島を少し髪を長くした感じで、その隣の連れが芸人の中山功太に似ていた。

俺はこいつらを、そのまま 児島 中山 と呼ぶことにする。

児島の方は若干… 髪の長さからか20%くらいミスチルの桜井も入っていた…

服装はPコートにグレーのパンツといった感じだ。

薄暗い会場では特に映えるコーディネートでもない。
身長、体重もごく普通くらい… 中肉中背

俺の見立てではスト6くらいか。


こういうルックスが女受けするのか?


決してイケメンではない。



これくらいのほうが無難で女受けするのか?
手が届きそうな感じで。



今はブサイケメンがモテるのだな!!


いやモテてるという表現は何か腹立つよな。違うよな。

ただカードをたくさんもらっただけだ。

モテるいうのは、キチんとゲット(パコパコ)までもっていける男だ。
さらにいうなら、真のモテる というのは逆ナンされるくらいの男だ。

ナンパなどせずとも勝手に女が寄ってくるくらいの。
自らのアプローチは最少で女をゲット(パコパコ)できる男が 真のモテてる だな。



あ〜ぁ…


しかし、この芸人似の2人組のブサイケメンも勘違いしよるな。


「俺はモテてる」と思って。



ふぅ…


イライラしてきたぜ…




落ち着け…


まだ終わってはいない。


ただ不思議だったのが、気色悪いオタク風のやつでも数枚もらっていたな。
あとはヒゲの剃り残しのあるリアルオッサンみたいなのとか…

女の好みも様々だ…


次に男がまた女に喋りに行く番だ。
4人まで喋りに行ける。

基本的にカードをもらった女に喋りに行くのがいいよな。
俺は一枚しかもらっていないが。


俺はカードをくれた女に喋りに行く。





なんか老け顔だったな。
年齢が30歳だったが35,6に見えたわ。
スト4くらいか。

ただ一番会話は盛り上がったな。

俺をベスト20に選んでくれたしな。ありがたや。感謝感謝。

この子はありだな。
性格がよそうな感じを受けた。
少し癒されたわ。

さっきまでのイライラも少しおさまるな。


あと3人自由に喋りにいけるのだが、カードもらっていないのに喋りにいってもなぁ…

「なんで喋りに来たの?カード入れてないのに…(空気読めよ)」と思われるのもウザい。


だいぶモチベーションが下がった。


トイレで一息つこう。


ふぅ…


トイレの中から見る夜景はキレイだ。
SANY1304.JPG

夜景の美しさとは反対に、俺の心は荒んでいるがな。



パーティーは進行している。
SANY1305.JPG

俺はもう喋りに行くのもダルかった。
そういった男も他にもたくさんいたな。

喋りにいかずに立っている男が。


俺は会場内のジュース飲み場でオレンジジュースを飲みながら戦況を見渡した。
SANY1300.JPG

他にも同じようにあふれてジュースを飲む男たちもいる。
同士だ。


お前らもカードをもらえなかったのか?


一緒に傷を舐めあおう。


しかしこいつらもルックスは悪くないのにな。

さっきの芸人似のやつらと変わらんぞ。
あいつらよりイケメンのやつもいたけどな。

どういう法則があるのだろうな。本当に。
女を引き付けるフェロモンとかが出ているのか?


俺たちがボーっと立っていると、スタッフが

「女性の席が空いているので、喋りに行ってください!」と言って男たちを促していた。

半ば強引に女の席に座らされて喋っている男もいた。

まぁ、男もかわいそうだけど女の方も嫌だよな。
無理やり喋りに来たとわかっているので。

喋りに来られないのも悲惨だが。


そして、もっと悲惨な光景を見たぞ。

女の席の前に無理やり座らされた男がいたのだが、女と目も合わせず会話もせず、ずっと携帯電話をいじっていたな。


さすがにこれはマナー違反だろ。
これは女がかわいそうだったな。
社交辞令でも会話したほうがいいと思うのだが。

すごく残酷な光景だったな。



男女の会話も終わり、次は男が気に入った女に自分の番号のカードを入れていく番だ。

さっきの逆で、女が目をつむり紙袋を広げて男のカードを待つ番だ。






バラまこう…



ヤケクソだ。


書き溜めたメールアドレスの紙を無差別にばらまこう。


俺は適当に女の紙袋に、アドレスを書いた紙をいれていく!
(本当は、自分の番号カードしか入れてはダメだったらしいが…)


そして入れ終わった。


ふぅ…


最後に精一杯の抵抗をしたぞ。


少し満足感があった。


だが…


不測の事態…



スタッフが女性の紙袋を回収し始めた!!


となると、番号カードしか入れてはダメだからメールアドレス書いた紙はすべて没収される。


くぅ〜


考えておるわ!

たぶん今までそういうことがあったんだろうな。
わざわざ回収するということは。


テンションはダダ下がりだ。


そしてパーティーも最終段階。


最後に男が目をつむって女の本命カードとお友達希望カードをもらう。
今度はこの白い紙袋を持って待つ。
SANY1278.JPG

もうええわ。


俺は目を開けてみんなどれくらいもらえるかを見ていた。

俺のところにはさっき喋った30歳の子だけが入れにきた。

それ以外は誰もこない。


屈辱だ。


俺の近くにいた他の男はほとんどもらっていなかったな。
みんなルックスも普通くらいなのに…


だが…


さっきの俺の右隣の芸人似の二人組よ。


こいつらメッチャもらっていたな!


見た感じ、中山は20枚超えくらい…

そして児島の方は紙袋からピンクのお友達希望カードが溢れていた!
おそらく30枚以上はあるだろう…

女が群がっとるぞ!!

行列が行列を呼ぶ好循環だ。
ホンマ、サクラじゃないのか?と疑うくらいだ。


そしてカードを入れた女が小声で言った…



「うわぁ、大人気…!」



ぐぅ…




だまれ! 女ッ!!



ふ〜ッ! ふ〜ッ!むかっ(怒り)


俺の左隣りの男はどうだ?

黒髪ストレートで前髪おろして、おとなしそうな坊ちゃん風だ。


さすがにお前はもらっていないだろう…


ん〜? 坊ちゃんよ。










4枚ほどもらっていた。




ひねるぞッ! クソがッ!!




ぐぉぉ!! 発狂しそうだ!!


ワケわからん!!


奈良のパーティーでは全勝で、大阪のパーティーでは全敗。

なんたる摩訶不思議!


奈良でも全敗で、ナンパでも番ゲすらできない というならこの結果も納得いくが…




本日の戦績


1番号交換。 30歳OL スト4



これは、かろうじて1番ゲできてよかったと喜こんでいいのか?

屈辱感にまみれるのぉ。



敗因を考えてみた。

1 この芸人2人組の横だったおかげで余計に俺にカードが入らなかった。

2 もしかして女達にこの芸人2人組の連れと思われていたのかも。
  

  女が芸人どちらかにカードをいれて、俺にもいれるとあとで色々と相談されると思ったからかも。
  俺が逆の立場ならそう思うな。
 

  女が連れ同士2人で並んでいて、どっちも俺のタイプでも片方にしかカードを入れないな。
  女に「私も入れられたで。あいつ無差別に入れてる」と言われるのが嫌なので。
  

  それでリスクをさけてあえて俺には入れなかったのか?
  20枚まで入れれるし。

まぁこれは俺の都合のいい考え方だ…  ないだろうな。

3 服装がカジュアルすぎたか… 髪型は悪くなかった。

4 会場のまん中の方だったのがダメだったのか?前回もそうだった。
  端っこなら結果は違っていたか?



結論 


ただ俺がモテないだけだった。




出待ちしてナンパも考えていたが、イライラしてとてもそんな心境ではなかった。

せめて連れときていたらそういう気にもなれたが。


駄目だな。


シラフだと余計なことを考えてしまうわ。


今度参加するときは、酒を飲んで酔拳状態にしておこう。


で、次回調べたら5月末にあるではないか。

これはリベンジせねば!


…このままで終われない。


もうなんか意地になるよな。

カップリングがどうとかいうより、例えるなら、将棋やゲームなどで負け続けて何回もリセットして続ける という感じだ。
ムキになって何回でも。


仮に5月末までに女ができていたり、パコパコできていても行きたいな。



あと、ちょっと後悔したのがあの芸人似2人組と喋ってメールアドレスでも聞いておけばよかったな。
あれだけ番号もらっていたら少し分けてもらえたかもと思ってしまったわ。

コンパなりなんなり開いてもらえそうだったしなぁ…
人脈も広がりそうだし。


家に帰ってから怒りもおさまり、色々と冷静に考えるのであった。



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ
posted by ムロウ at 02:00| Comment(50) | TrackBack(1) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

巨大カップリングパーティー in 梅田(前編)

土曜日行ってきたぞ。


大阪の梅田で行われた巨大カップリングパーティー 150対150に。


このビッグパーティーはこれで3回目だ…
SANY1280.JPG

もう書くほうも飽きてきたが…

まぁつきあってくれ。


ナンパで番号もたまってきたが、春先だしさらにストックを増やしたかった。
今あるストックも安定していないしな。

値段も3900円と安いので、半分ひやかし気分だが。


まぁ最大の目的は



前回のリベンジだ。



あれは屈辱だった…


隣の草食系の貧弱そうな薄毛がモテているという現実…

俺は全然モテていないという現実。


あの時は、髪をセットしておらず服装も微妙だった。


今回は1週間前に散髪して短くしてヘアワックスもつけて前髪も上げてきた。

ファッションはカジュアルだが清潔感はある…と思う。

濃いグレーチェックのアウター、ジーンズ、ベージュのドレープブーツ。ジーンズはブーツイン。(最近ブーツインにハマっている)

若作りできているだろう。 ややラフだが。

今回はイケるだろう…という勝算はあった。







だがこの時俺は、前回以上に毒づくことになろうとは想像もしていなかった。



さっそく会場について受付だ。
SANY1286.JPG


ほ〜う。


みんな出会いがないんだのぉ。


ネットで見たが、独身男女の50%以上が恋人がいないらしい。
こういうパーティーも流行るわけだ。

女は500円と安いしな。

ここにいる、イケメン風のやつらや綺麗な子たちもパコに飢えておるのだな。
渇ききっておるのだな。


今回は連れと参加する予定だったが、連れが休日出勤になってしまったので一人で参加だ。
一人で参加するとテンション下がるんだよな。

まぁいい。


会場内に入る。
SANY1288.JPG

相変わらず薄暗い会場だのぉ。
前にも書いたがこの暗さは、 女が恥ずかしくないように とのパーティー側の配慮らしい。

女のレベルも高かったな。
スト7くらいが多い感じだった。

俺の前の女数人もスト7、スト8くらいあったな。
ブランド物とか好きそうな小生意気そうな感じだ。
これくらいの中途半端なレベルがコンパでモテて、勘ちがいする一番やっかいなタイプだ。

男を平気でだましそうな感じだ。

しかしエロそうな雰囲気があってそそられる…


早速プロフィールカードを記入だ。
SANY1276.JPG

…しかしこんな紙切れで何がわかるというのだ?



えっと…



デートで行きたい場所は…




カラオケと書いておこう。


ギラつけるしのぉ。


白紙の紙も7枚ほどついていたので、ブーメラン用にメールアドレスを書き込んでおく。


男女ともに150人そろったようなので、まずはあいさつだ。

男が動いていき順番に女にあいさつをしていく。

前回と違って、握手はなしであいさつだけのルールに変わっていた。
たぶんこっちのほうが時間短縮になってスムーズに進行が進むのだろう。

女もいきなり知らん男と握手するのも嫌だろうしな。
俺もいらんわ。

これでいい。




「こんばんは」




「こんばんは」



俺は笑顔を見せながらも心の中ではあまり覇気はなかった。


ふぅ…


5分ほどで全員とあいさつが終わる。
150人もいると大変だ。

この時点で第一印象の良かった女の番号を紙に書いておく。




司会者が

「できるだけ多くの人の番号を書いておきましょう。ちょっとでもいいと感じたひとの番号を。

ストライクゾーンを広くもつのがコツです。」

と言っていた。



そして今回はちょっとした心得があった。


いつもキレイな子ばかりを狙っていたがライバルが多すぎでどうしようもない…


ふと考えた。


逆をいってみてはどうだろうか?



あまり男に人気のない…


言い方悪いが



ブサイクを。



どうせ3900円だし、いろいろ試してみるのもいい。

美人はナンパで狙えばいい。


今の俺に必要なのは、パコパコドッピュンだ。


モテる男はどんな女でも複数近くにおいておるからな。
そうすることで余裕が出て美人もゲットできる。

これは否定できない。

パコパコドッピュンして余裕を取り戻さねば。


よし!


ブサイクを狙うぞ!


まずはファーストインプレッション。
男が3回女に喋りに行ける。


女を探す。
SANY1297.JPG

だが、結構レベルが高い子が多く本当にブサイクなんてのは数えるほどだったな。

そして俺はスト1、スト2くらいのブサイクな子の前までいく。


だが…



足がすくむ。



体が拒絶していて椅子に座れない。


心の中では行かねばと思っていても、体が拒絶する。
無理なものは無理だ。


クっ!


結局俺はスト1,スト2はやめてスト3,4くらいの女に喋りに行った。


一人目 24歳 小学校の保健の先生 スト4
    年齢差からか会話は盛り上がらず。俺の年齢に引いていたのではないだろうか。

二人目 29歳 看護師 スト4
    会話は盛り上がらず。3分ほどのトークだったが早く終わりが来てくれと願った。
    気疲れしたな。

三人目 30歳 経理事務 スト3 
    徳島県出身 会話は結構盛り上がった。

しかし3人とも共通するのは、所詮初対面なのでうわべだけの会話だな。
買い物どこいくの?とかパーティー友達と来たの?とか


みんなこんな風に会話しとるのか?

まぁ3分ほどしかないからこんなものだろう。


3人との会話が終わったので男は元の席に戻ることになる。

俺の右隣の男は2人連れで来ていて、とあるお笑い芸人に似ていた。両方とも。


そしてこいつらが、俺を苦悩、悶絶させることになるのである…


続く。



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ
posted by ムロウ at 00:23| Comment(15) | TrackBack(1) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

1年ぶりのカップリングパーティー 奈良(後編)

みんないっせいにトークの開始だ!


だいたい1人3分くらい喋って横にずれていき全員と喋る。
画像 016.jpg

実際喋ってみると3分だと、ちょうど話が盛り上がったところで終るんだよな。
流れを切られるというか…

この物足りなさがいいのか?


展開するトークはいつもと同じよ。

相手のプロフィールカードを見ながら

「どこどこに住んでるんや。」

「職場は奈良市内なんや。」

「買い物はどこで買い物するん?」

などなど。

これを感情を込めて喋るぞ。
あまり機械的になってはイカン。

俺のテンションは低いが悟られてはイカン。


まずは全員と喋り終わる。


いつも思うことだが、このパーティーに来る子って地元志向が強いように思える。
だいたいみんな職場が奈良の子が多いし。

奈良に住んでいたら結構大阪に働きにいったりするものだが…
普通は「大阪に出たい」という都会志向が多いのだが。

恋人も奈良で見つけたいというわけだな。

これは俺も同じだ。

わざわざ大阪の子と付き合うのもしんどい。


今回は年齢にあまりバラつきがなかった。
やたら32歳が多かった。
半分くらいを占めていた。
最年少で27歳、最年長で37歳か…

ただみんな若く見えたな。

まぁ今回は俺は別にカップルになれなくてもいい…
この場が楽しけりゃ…

俺の孤独を癒してくれれば…


そしてまずは第一印象カードの記入だ。
3人まで書ける。

12人もいたら誰か分からんようになってきたので結構適当に書いた。




少し時間をおいて、スタッフから女からの第一印象カードを渡される。


今回は俺は…


3枚もらえた。
画像 031.jpg

まぁこんなものか。

0枚でなかったのが救いだ。

奈良で0だったら落ち込むぞ。

あの大阪パーティーの屈辱はもう味わいたくない。


去年行ったときは6枚もらったのにな…

おそらくあの時は初めてでテンションが高くて、髪型も散髪した後で短髪だった。
やはり短髪の方が女の受けはいいのだな。

今は変な慣れが出てきてしまって妙に落ち着いている。
このへんを女に見抜かれているか…?

女は感が鋭いからのぉ。



見渡すともらえてない人もいたな。

連れ同士で来ていた40歳前後くらいか?
なんか悲壮感がものすごく漂っていた。


独身をこじらせたような感じだ。


負のオーラが…


独身男の悲哀が…


うぅ…あせあせ(飛び散る汗)


疲れた感じで覇気が感じられない…


しかし俺は思った。


これは俺の数年後の姿ではないのか?


35歳を過ぎた独身の男はそこから結婚できる確率は10数%ほどと聞いた。





あぁ… 


アカン 


鬱になる。


色々考えたら病むわ。



嫌な空間だのぉ。


こういう場にきたら余計な邪念が浮かんでくる。

参加している女も30過ぎで結婚を意識している。
 
仮にカップルになると付き合いは当然結婚を意識したものになる。 
そうなるとますます先のことを考えてしまう。

収入や家のこと、親戚づきあいのこと、親の老後、その他諸々…


俺は女と一日中家にいて苦ではないのか?


30代の恋愛は20代とは明らかに違う。
重いのだ。

俺はますます憂鬱になってしまった…



ダメだ!

パーティーに集中しよう!


2回目のフリートークで3人の女のところに喋りに行く。


席の奪い合いになったので適当に座ってトークをする。
タイプの子はいていなかったがまぁまぁ楽しかった。

そして最後は3回目のフリートークだ。
画像 201.jpg

今度は女の方から男の席に喋りに来る。

結構みんな適当に選んでいる感じだ。

時間がないからな。

最終のフリートークで3人と喋り終える。


最後に本命カードに第一希望から第三希望までの子の番号を記入してスタッフに渡す。

12人いたけど、誰が誰かいまいちよく分かっていない。

展開が早くて覚えられなかった。

特別タイプの子もいてなかった。





適当に書いておくか。

とりあえずお友達からという感覚だ。


第三希望まであるからどれかカスるだろう。
当てもの感覚よ。


そして集計される。


カップルになっていたら、部屋を出たときにスタッフにカップル成立カードを渡される。


パーティーも終わり、まずは男から先に部屋の外に出る。


さぁ、俺はどうだっただろう…


スタッフから…



カードをもらった。
画像 032.jpg


おぉ。

軽い気持ちできたが、ちょっと嬉しいぞ。
さすがに慣れもあるのでそんなにテンションは上がらないけど。

…というよりホッとしたという感じだ。


俺はまだ賞味期限は切れていない…


なんかこれを確認したかっただけのような気もする…


9番同士だ。

ちょうど初めに俺の席の前に座っていた子だ。
それで印象に残っていた。

俺は第一印象カードで9番にいれたが、この9番の子からはもらえなかったんだよな。

推測するに俺がカードをいれたから嬉しくなって、それで俺に本命カードをくれたものと思われる。
第2希望か第3希望かもしれないが…

年齢が32歳とまた微妙なお年頃だがな…

結婚を焦る年齢だ。


いちいち俺を悩ませてくれるな。



しかし、そこそこカワイイか…
芸能人の誰かに似ていたんだよな…

今度会って確認してみよう。



俺はこの9番の子と番号交換して別れた。

明日も仕事で早いのでな。



ところでさっきの覇気のなかったオッサン連中はどうなった?



カップリングされずに帰っていた。



その背中からは、なにか哀愁漂うものが感じられた…





…まぁ俺はカップリングされたわけだがこの先はどうなるだろう?

とりあえずアポをとってみないと分からない。


ナンパと違い、こういう場だと死番になるケースが少ないのでアポはとれるかもな。


しかしこういうパーティーに来ると改めて思う。


ストリートのありがたさを。


来るたびにストナンのモチベーションを上げてくれるな。

まぁ、盆休み前に縁起のいいことがあってよかったわ。

とりあえず今日はボウズでなくてホッとした。




人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ
posted by ムロウ at 00:02| Comment(21) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

1年ぶりのカップリングパーティー 奈良(前編)

日曜日に約1年ぶりに行ってきたぞ。

奈良のカップリングパーティーに。


今はナンパの出撃回数も増えてきてあまり行く必要もなかったのだが、懐かしさをこめて久しぶりに行きたくなった。
ストックもないしのぉ。

それに今回の後は8月末までなかったので、とりあえず行っておこうと思った。
行けば何かあるだろう…という淡い期待を込めて。

そして最近は女とまともに会話をしていないから喋りたかった。
その場が楽しけりゃいいか という安易な気持ちだが…

しかし日曜の夜で明日仕事ということもあり、俺のテンションは低かった。



さすがに1年もたてば知っいてる面子はおらんだろう。


前回の大阪の150対150のパーティーは屈辱を味わった。

…あれはひどかった。

縁起のいい奈良パーティでリベンジだ。


会場に着く。
画像 001.jpg

あいかわらず閑散としている…


人の気配を感じない。
画像 009.jpg

すごくマイナー感を感じるな
奇妙な空間だ。

しかしこれがいい。

まさしく奈良という感じだ。

大阪の大賑わいの150人パーティーとは大違いだ。

少しすると参加者と見られる男女がポツポツとやってきた。

みんな 「本当にここであるの?」 といった感じで場所を探している。


時間がせまってきたので受付に行く。
画像 192.jpg





受付の姉ちゃんに顔をマジマジと見られる。


ぬぅ…



もしかして…




正体がバレているか?





「こいつが絶望男か?」と思われたか?


焦るわあせあせ(飛び散る汗)


バレてはいなくてもマークされてるかもな…


皮肉なことにヤフーで「奈良 カップリング」と検索したらこのブログがすぐに出てくる。

さすがに過去3回も書いているからな。
しかし変なことは書いていないので宣伝になっているかも。


…結構かわいい姉ちゃんだったな。



さぁ金を払うか。


だが今年になって値上げしよったんだよな。


4,000円に値上していた。

そのかわり女は無料になっていた。


クソがッ!


このご時勢に値上げしよって!


これはもう差別だぞ。


まぁ文句言うなら参加するなと言われそうだ…


早速会場に入る。
画像 196.jpg

見渡すと女12人、男12人ほどか…

定員の15人には達していなかったが、奈良にしては多いほうだ。
やはり女性が無料というのが効いているな。

今回は大盛況か!

女のルックスはどうだ?







……



普通… 


いや残念が多いという感じか…?

全体をパッと見渡すとそうでもないのだが、1人1人をじっくり見るとそう感じた。


これはあれだな。


今が旬の某女性アイドルグループは全体的に見ると可愛く見えるが、単体で見ると全然そうでもない …とお笑い番組の司会者が言っていたのと同じだな。


…俺のような下流のオッサンが上から目線になってはイカンな。

それにルックスだけで判断するものでない。
喋ってみなければ性格は分からんしな。


男女ともに大阪よりもイケメンや美女はいてない。

…というより分母が少ないからそうなるのだな。
大阪は150人もいたからそりゃ、イケメン美女もいるわな。
それ以上に普通っぽいのもいたのに。


ペットボトルの茶が無料だったのでいただく。
画像 086.jpg

のど渇くわぁ。


そしてプロフィールカードに己のスペックを書き込む。

短所の欄があった。

俺は短所がたくさんあるぞ。

ケチ、卑屈、マイナス思考…


しかしさすがにコレを書くと女に引かれると思ったので、おおざっぱ とだけ書いておいた。


そしていっせいにトークが開始されるのであった。


続く


人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ
posted by ムロウ at 01:49| Comment(6) | TrackBack(1) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

カップリングパーティー 梅雨 (後編)

女が1人ずつずれていき男150人全員をチェックしていく。

そして気に入った男がいればギンガミチェックの袋に友達カードを入れていく。
画像 037.jpg


男は目をつむり下を向きながら、このカードが入るのを待つ。


目をつむっている間はなにか情けないよな。




さぁ何枚入っているか。


隣の男の紙袋は「カサカサ」と音をたてている。

おそらく何枚かもらっているな。


俺の紙袋には入っている感触がしないのだが…


女全員が周り終わった。

さぁ…


俺は何枚もらえたか?





……




0枚だった。バッド(下向き矢印)



かすりもせんぞ!




アカン。

半泣きになりそうだ。


隣の男はどうだ?



なんと、20枚近くもらっておったぞ!



なんじゃ、こいつは?


見た感じは草食系の背の低い華奢な男だ。
ルックスも普通で、ワイルドさなどみじんも感じられない。
弱そうな感じだ。

しかも前髪を下ろして隠しているが結構薄毛だ。
おそらくあと5年後にはだいぶヤバイことになっているだろうと思われる。

年齢は30歳前後くらいか?


なんなら俺の方がイケているのではないか?と思えたが…
それとも俺が客観的に自分を見れていないのか?


訳が分からん。


本気でヘコんだ…


負けるのか?



フサフサの俺が!



俺は女から1枚も第一印象好感度のカードをもらえなかった。

150人いる女から1枚も…


これはつまり、


ゲームオーバーを意味する。


ほぼ試合終了だ。


次に男はカードをもらった女に喋りにいくのだが、俺はカードを1枚ももらえていない。
もらえてなくても一応女と喋れるが…

もらえていないから、女のところに喋りに行ってもおそらく反応は良くないだろう。
選ばれていないのだから。


俺は戦意喪失してしまった。


戦うのを放棄してしまった。


3人女に喋りに行けるのだが適当に1人だけ喋りにいって、後は腐ってずっと見物していた。
画像 036.jpg

キレイな子のところには男が群がっていたな。
逆にそうでもない女のところには誰も行っていなかった。

これは男女同様にシビアだな。

女もヘコむだろうな。
1人も男が喋りに来なかったら。



…結構個性的な男もいたな。

ヒップホップ系でグラサンをつけている男もいたぞ。
この暗い部屋のなかで。


しかし他の男も何枚かはカードをもらっていたな。

「お前はもらえないだろう」というような者まで…





う〜む。


こいつらの中でストナンでゲットしたことがあるヤツはいるのか?
…というよりストナンができるのか?

即日パコをしたことがあるのは何人おるのだ?


ぐぅ…


そんなやつらにも俺は負けているのだな…

プライドはズタズタになった。


そして最終タイム。

女が男に本命カードを入れていく番だ。


男はまた目をつむってカードを入れられるのを待つ。
今度はこの白い紙袋を開けて待つ。
画像 039.jpg

俺はもうすでに本命カードをもらえるわけもないので、目を開けて隣の草食系がどれくらいもらえるかをずっと観察していた。

スタッフに「男の人は目を閉じてください!」と注意されたがもう知らん。


今後の参考にもなるので観察させてもらう。

草食系のファッションは上から、白の長袖のシャツ、グレーのパンツ、白のスニーカー。
腰にシザーバックをつけていた。

清潔感があるが特別オシャレという感じでもない。
いたってシンプルだ。


そして本命カードも4枚ほど入れられていたな。

ビックリしたのは、自分よりもデカイ女にも入れられていた。



何だ?



何が女をひきつけるのだ?



母性本能か?



母性本能をくすぐるのか?




うぅ…



俺はなぜもらえないのだ?

かすりもしないのだ?

奈良のパーティーの時はそこそこモテていた。
4連勝だったはずだぞ。

このギャップにさらにヘコんでしまった。


例えるなら、日本球界では通用するがメジャーリーグでは全く通用しない打者 といった感じだ。


こうなれば都合のいいように解釈しよう。
・今日は髪型がボッチャンみたいでダメだった。
・カーキのミリタリーシャツが暗い会場ではさらに薄暗くなり目立たなかった。
・草食系が着ていた白シャツは、薄暗い部屋の中では映えて目立っていた。

パーティー会場は暗いから、明るい膨張色の服の方が目立っていいのかもな。


…パーティーは終ってしまった。

俺は結局何の成果もなしだ。



…大敗。



屈辱的大敗。


3900円を払って屈辱感を味わっただけだ。


ナンパ師としてのプライドはズタボロにされた。

当然もうパーティーの出待ちなどする心境ではない。


そのまま梅田を後にしてすごすごと虚しく帰るのであった。


今日の出来事は、今年プライベートでヘコんだ出来事 ワースト1 に輝いた。

ヘコみすぎて熱が出そうだわ。



…ナンパだ。


もう俺にはストリートナンパしかない。


逆にナンパのモチベーションが上がった。


これは近々やらねばならん。



ナンパ200人組み手を!


…だが今度またこの150人パーティーにリベンジに来たいな。
今度は連れと。

次はヘアワックスをちゃんと付けて、白のシャツを着てだ。
ルックスを最大限にして来よう。



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

人気ブログランキング

アクセスアップサイトランキングに参加中です!当サイトへの投票はこちらをクリックしてください!

アクセスアップ

アクセスアップ
posted by ムロウ at 13:05| Comment(38) | TrackBack(1) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

カップリングパーティー 梅雨 (前編)

ちょうど一週間前…

先週の土曜日行ってきましたわ。


大阪梅田で定期的に行われるカップリングパーティー…



150対150に。



…実は今回は行くかどうか迷っていた。

一緒に行く予定だった連れが用事で行けなくなったので。
さらに梅雨でずっと雨が降っていてテンションは上がらない。

しかし当日の午後3時まで悩んでいたのだが、結局予約してしまった。



なぜなら




3900円という安値に負けてしまった…


たぶん5000円以上なら行っていなかったけど。


貧乏人には魅力的な値段だ。


それに歯医者に行ってから、夕方大阪にいく用事があったのでそのついでだ。


パーティーは午後7時15分開始予定だ。


今日の俺の服装は、ミリタリーの七分袖のシャツ(カーキ)、ダメージジーンズ、Drマーチンの2万円の靴。ロレックスのデイトナ(ニセモノ) 

ミリタリーシャツがしまむらだったが(泣)
これは今度高い店で買いなおそう。

しかしコーディネートは悪くない。


ただ一つ誤算があった。


今日はヘアワックスをつけていない。


実は家を出る前に、雨で濡れるだろうと思い付けずにヘアワックスを持って出たつもりだった。
会場で付けようと。

しかしカバンに入れ忘れた。

梅田のコンビニでヘアワックスを買うか迷ったが市販では売っていないものだし、仮に別のを買っても使い捨てになるだけでもったいないと思い買わなかった。
いらぬところでケチな部分が出てしまった。

いつもは前髪を上げてデコを見せているのだが、今日はデコが髪でかくれている。

髪の毛がペタンとしたボッチャンみたいな頭でいくのか…

だいぶ印象が変わるな。

大丈夫だろうか…?


会場近くに来るとそれらしき女達がいた。
画像 018.jpg

いつものビルの14階で行われる。
画像 019.jpg

中に入ると前と同じようにたくさんの人だ。
画像 025.jpg

エレベーターに人が乗り切らないので1階のエレベーターで行列ができていた。

あまりにも人が多いので手続きに時間がかかっている。
スタッフも忙しさからか少し機嫌が悪くて殺気立っている。

こういう大人数は1階でやればいいと思うのだが…


結局時間が押して7時半スタートとなった。

今日はソロなのでテンションは上がらない。
髪型がキマっていないのでなおさらだ。

あまりやる気もない。


…何しにきたのだ?


やはり俺はナンパの方が合っているな。


早速プロフィールカードを書く。
画像.jpg

趣味は… デートでいきたい場所は… アピールポイントは?…



書いていると恥ずかしくなってくるわ。


男女全員立ち上がって、まずは男が1人ずつ席をずれていき女全員と握手をして挨拶をしていく。



「こんにちは。」



「こんにちは。」



「こんばんは。」



クゥッ


まるで辱めを受けているようだ。






女も男をじっくりと品定めしておるぞ。



とりあえず女150人全員のチェックが終った。
誰が誰だかもう分からんが。

しかし、やはりこのパーティーはレベルが高い。

スト8、スト9レベルも結構いた。
意外と、メチャクチャ残念というのは数えるほどだったな。

これはおそらく会場が暗いせいもあるだろう。
シワが目立たなくなる効果もあるのだな。

端の方はまだ明るかったが真ん中の方などライトが届いておらずだいぶ暗かった。
プロフィールカードの文字も見づらいほどの暗さだ。
これはパーティー側も考えてほしいものだ。


トーク開始だ!

椅子取り合戦だぞ!
画像 035.jpg

みんな童心に戻って女を物色しておる。


気に入った女が何人かいたのだが、どこにいたのかがウロ覚えだ。
さらにこの暗さだ。
探せない。


しかたなく空いている女の席に座る。

しかしみんなそこそこカワイイのであからさまなハズレになることはない。

男はまず3人と喋ることができる。


俺は

1人目 33歳 トリマー  スト6 年齢よりだいぶ若く見える(おそらく照明が暗いせい)

2人目 35歳 デザイナー スト6 これも年齢より若く見える。

3人目 29歳 看護士 スト6  四国弁なまり。


若いのにいったつもりがみんなアラサーだった。


全員に共通していたのは、照明の暗さでやはり年齢より若く見えたりカワイク見えたな。
薄暗いというレベルではなく 暗い だ。

これはパーティー側が、「女性が恥ずかしくないように暗くした」との配慮らしいが、男にとってはいらぬ配慮だ。


そして次は女が男を品定めする番だ。


…続く



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

posted by ムロウ at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

カップリングパーティー 150対150(後編)

パーティーは中盤にさしかかる。

次は、女から第一印象で気に入った男にカードを渡す流れだ。
女が順番に、150人の男の前を回っていきカードを渡すのだ。
画像 028.jpg

男は目を閉じて下を向くようにスタッフに言われる。
女の子が恥ずかしくないようにだそうだ。

そして胸元に紙袋を広げるように言われた。

このギンガムチェックの紙袋だな。
画像 071.jpg

これを広げて目をつぶって下をむき、女がカード入れるのを待つ。

10分ほど目をつむって待ち、ようやく終る。


さぁ…


何枚カードが入っているのだ?


俺は紙袋の中をのぞく。







1枚も入っていなかった(泣)



ぐぅ…


奈良の時は結構もらえたのに。


やはりライバルが多いとこうも違うのだな。

ヘコむわ。


俺の少し隣の男をチラっと見ると6枚くらいもらっていたな。


ルックスは中の上といったところか。
特別イケメンではない。
俳優の大沢たかおを少しブサイクにしたような感じだ。
身長も普通くらいのややヤセ体型。


特別イケメンではないが男臭さが少し漂う、女受けしそうな感じだ。

逆に顔がキレイすぎるイケメンなどは女受けしないだろうな。
無骨さがただようくらいがいいのだ。

この男はチャラ男の雰囲気はなく、浮気などしなさそうな誠実そうな印象だった。
大人の女はやはり誠実そうな男が好きなのだな。

服装も、今最も女受けのいいテーラードジャケットを着ていた。


クソが!


貴様、熟知しておるのだな?

ジャケットは女受けがいい と。


こういうパーティーでは第一印象でほぼ決まる。



そして次は、男が逆に女の紙袋に第一印象カードを入れていく番だ。
本命カードもあったのだが、本命は特にいなかったのでこれは入れなかった。


女も目をつむって下を向いている。

俺はもう誰が誰か分からないので、カワイイ子に適当に入れていった。


最後に3回、男が女の方に喋りに行くことができた。

今度は俺は連れと一緒に女2人組みのところに喋りにいくことにする。
画像 036.jpg


で、カワイイ子の席は埋まっているので妥協して普通くらいの子と喋る。
まぁ、1人で行くよりは気が楽だった。

コンビナンパに似た感覚だな。


今まで6人くらいと喋ったが特にタイプの子もいなかった。


そしていよいよクライマックス。

最後に女から男に本命カードを渡すのだ。

今度はこの白い紙袋を広げて女を待つ。
画像 066.jpg

当然、また目をつむって下を向いてだ。


目をつむって紙袋を広げていたら、何か情けない気分になってくるよな…


さぁ… たのむぞ。

さすがに今度も0枚だったらヘコむぞ。


目をつむって待つ。


そして終了したので紙袋の中をのぞいてみる。








おぉ!

1枚入っていたぞ!
画像 021.jpg

106番?


誰だ?


喋ってもいないし、始めにチェックもしていない。


俺は最後に106番を探す!

カワイイ子であってくれ!


いたぞ!







……




俺のテンションは下がった…


う〜む。
はっきりいってカワイクはない。
愛嬌はありそうだが…

なんか女芸人の誰かに似ていたな。

顔がどうこうより、体型が寸胴気味だったのが気になる。

しかし、目が合ってしまったのでメール交換せざるをえない。

…とりあえず俺はこの106番の子とメール交換をする。


パーティーは終った。

結局俺はこの106番とメール交換しただけだ。


だが…

気落ちしていられない。


ここからが本番よ。

ナンパ師の本領発揮する時!


カップリングパーティーの出待ちだ!


出待ちして女に、書きためておいた携帯番号を渡しまくるのだ!


早速連れと、1階で待つ。

他にも出待ちしている男達がたくさんだ。
画像 053.jpg

みんなスケベだわ。


奈良のパーティーと違い、肉食系男子が多い。

女慣れしてそうな奴らばかりだ。



女が続々と降りてきた!


俺は女に近寄り書いていた携帯番号の紙を渡していく。

「さっき全然しゃべられへんかったんやけど…」と言って。


番号交換してもよかったのだが、なんかもう面倒くさくなったので渡すだけにした。

5人ほど渡しただろうか。

結構カワイイ子を選んで渡したので連絡がくればうれしいのだがのぉ。


う〜む。
やはり俺はナンパの方がいいな。

連れも同意見だった。



参加した感想…



人数が多すぎる。


150対150でも実際喋れるのは10人もいてない。
気に入った子を探すのにも時間がかかるし、誰が誰か分からんようになるし。
もうグチャグチャだ。

これの半分でも多いくらいだ。
50対50がベストくらいか?

多ければいいというものではないな。

そして、これだけライバルが多いと旨味がない。
これはアカンわ。


ただ人数が多い分、今までのパーティーで女のレベルは一番高いように感じた。
その分、男のレベルも上がっていたが…


しかし、今回でコツを少しつかんだのでまた参加してみたいな。


3900円で安かったし楽しめたわ。



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング
posted by ムロウ at 01:35| Comment(10) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

カップリングパーティー 150対150(前編)

昨日の土曜日、連れと梅田で行われたカップリングパーティーに行ってきましたわ。

久しぶりのパーティーだ。


連れは女がいるし、俺もストックがあるので特に行く必要もなかったが今回は3900円と安かったので行ってきた。

さらに人数が…




150人 対 150人



これだけの大人数のパーティーは初めてだ。

これは楽しみだ。

さすがに女が150人もいればキレイな子もいているだろう。

俺達は、女達からどんな印象を受けるのか?というのにも興味があった。

そこそこモテるのか?

それとも、全くモテないのか?


奈良のカップリングパーティーではそこそこの成績を納められたが、大阪ではどうだ?
男女共にルックスのレベルは上がる。

つまりライバルが多いということだ。

ナンパは競合他社がおらず独占市場だが、こういうパーティーは敵だらけだからのぉ。
ナンパとは勝手がちがう。

少々心配だ。


俺達は、梅田について15分ほどウォーミングアップでナンパする。
画像 059.jpg

3人ほど声をかけて肩慣らしをした。


よし、これでパーティーでも緊張感なく喋れるぞ。


さぁ、いくか。


会場に近づくと人が多くなってきた。
画像 008.jpg

ふむ。

みんなカップリングパーティーに向かうのだな。
女は結構キレイな子もいているぞ。

男は若いイケメン風のヤツもいている。
画像 013.jpg

ぐぅ…

さすがに奈良とは一味違う。
奈良のパーティーで見るような、百姓染みた田吾作などいてない…


このビルの上の方であるのだな。
gatetower01.jpg

ここから見る夜景もキレイだ。
さすが都会だ。
画像 001.jpg

受付に着くと長蛇の列ができておるわ!
画像 017.jpg

むぅ…


こんなにもおるのか!



パコパコに飢えた者どもが!


並んでいるとき、少し屈辱感があった。
同じ土俵に立っていることに…

まぁいい。
今日はシャレで遊び感覚で来たのだ。

受付で3900円を払う。


受けとれい!
ワーキングプアのなけなしの金を!

中に入るとすごい人の数だ!!
画像 040.jpg

そして中は結構薄暗い。
画像 026.jpg

照明が薄暗いというのは、男女共にルックスが2割増しくらいに見えるな。
シミやシワが目立たないからな。

なかなか勝手が分からんから俺達は戸惑っていた。


見渡すと、土曜日だがスーツの男もいていた。
あとはジャケットを着た大人系ファッションが多い。



俺もジャケットにしておくべきだった。

今日は結構カジュアルな服で来てしまった。
服装で失敗したか?


並べられているパイプ椅子に座り、プロフィールカードを記入する。
画像 037.jpg

どれどれ…

職業… 趣味… 好きなタレント… などだな。

これはどこのパーティーでもだいたい同じだな。

早速おのれのスペックを記す。


見渡すと、やはりこれだけの人数だ。
キレイな子が多い。

そして男も、イケメンや雰囲気イケメンが多い。
ジャニーズ系のルックスの者もいる。
ファッションもオシャレだわ。
参加年齢も20歳から39歳となっていたので、若造もいている。

男150人のうち、ナンパしてそうな雰囲気の男も結構いた。
10人くらいは普通にナンパしてそうなチャラ男風だ。

わざわざこんなところに来なくてもいいだろう、というイケメンもいた。

その反面、どうしようもないな という 非モテオーラ を放っている者も少しいた。

やはりみんな出会いがないのだな。
ナンパなどできないのだな。


それにしても強敵が多い。

ナンパと違いここでは、オンリーワンになれないのが弱みだ。

テンションが下がってくるわ。


まだ受付で人が詰まっていたが、時間がきたので開始される。

まずは男が1人ずつ右にずれていき、女150人と挨拶していくという流れだ。

スタッフから説明があったのだが、この時点で好印象の人の番号を紙に書いておくといいと言われた。

なるほど。

この白紙の紙に書いていくのだな。
画像 069.jpg

俺は回りながら挨拶して、好印象の女の番号を書いておく。
これだと忘れないからな。
画像 031.jpg

150人全員と挨拶を終る。

ふぅ…

たかだか挨拶だけなのにだいぶ時間がかかったのぉ。
会場も熱気むんむんで暑くなってきた。

人が多すぎて訳がわからん。


挨拶が終わり、次は男が女の席にいって喋りに行くという流れだ。

さっき紙に女の番号を書いたのが役立つ。
この番号の子のところにいけばいいのだ。


ゆくぞ!


しかし、みんな速い!

我先にとカワイイ子のところに座りにいっておるわ!
画像 042.jpg

本性丸出しだのぉ。


カワイクない子や、年齢がいってそうな子の席には誰も座りにいっていなかったな。


狙っていた子の席は埋まっているので、空いている席に適当に座る。


女と喋るがあまり楽しくない…

お決まりのトークよ。
「今日は初めて来たんですか?」
「趣味は買い物ですか。」
「仕事は○○ですか。」

などなど。

女のルックスがどうこうではなくて、ナンパの時のような緊張感がない。

あの精神の高揚が!


あかん…

やはり俺はナンパの方が向いている。


適当に3人と喋った。

女の年齢は20代後半が多いように見えた。


ナンパ好きの連れも、少しテンションが下がっている。

俺と同じようにやはりナンパの方がいいそうだ。


パーティーは前半を終えて中盤にさしかかるのであった。


続く…



人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング
posted by ムロウ at 15:30| Comment(3) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

驚愕のカップリングパーティー

12月になりましたな。

今日は奈良は一段と寒いですわ。
昨日まで少し暖かかったのに。

少し体調崩して、風邪のひき始めのような感じになってしまった。
体調崩すとヘコむのぉ。

で、今日はオッサン久々に夕方、地元奈良のカップリングパーティーに行ってきたぞ。
8月以来だから4ヶ月ぶりだ。

当初は毎月行こうと思っていたが、行けていなかったわ。

そして今日のパーティーで…


ビックリすることがあった!!



パーティーではよくあることかもしれないが。




夕方から奈良の小さな会場で開始される。
画像 019.jpg

う〜む。
この会場はひっそりとしていて人の気配がないので来る度にテンションが下がるんだよな。
とてもパーティー前の雰囲気ではない。
風邪引きはじめでさらにテンションが低い。

さぁ受付で3000円を払うか。
受付の人に思われているのだろうな。

「出会いがない惨めな人だ」と…

おのれ…


俺はお金を払ったので早速部屋に入る。

いつもより少し小さい部屋だ。

そしてだ。

部屋に入るとビックリした。



なんと…



先週会った28歳看護士がいた!


女が3人しかいてなかったのですぐに分かった!

俺の顔を見るなり愛想笑いというか苦笑をしていた…

向こうも気まずかったのだろう…

しかし俺もかなり気まずい。
どうしていいか分からん!

幸いなことに席は離れていたが…

その他にも見覚えのある顔がいた。
6月のパーティーでいた40過ぎの女だ。
ハッキリと覚えている。
日記にもかいているからな。

そしてあと一人は知らない顔だが…


それはそれは体格のいいお方だった。


推定体重90sはあろうか…


ぐぅ…

女3人いるが…

これでは三重苦だ。


俺は席につき開始時間を待ちながらも苦悩する。
画像 027.jpg

どうする?


もう開始時間になっているのに女が3人しかいない。
しかもこの三重苦だ。

女のレベルどうこういうより、やはり一番キツイのは…


あの28歳の子がいることだ!


あれか…

お互いに見切りをつけていたということだな。
なんか俺が一方的に見切ったと思っていたけど…

オッサンもしょうもない男と思われて見切られていたのだ。
情けない…

女は値段が500円だから何回でも来られるしな。

ここから推測するに、この子は俺と会っていなかった秋の2ヶ月間もおそらく何回かパーティーに参加していたかもしれん。

そして結局目ぼしいのがいなかったから、この前久々に俺にメールをした…

こんな感じだろう。

推測だが。


はぁ…
なんか女性不審になるぞ。

まぁ俺もナンパをしているから人のことは言えんが…


周りの男共もどうだ。
画像 030.jpg


俺の他に4人いたが生気を感じられん。

まるで生きる屍よ。

貴様らナンパはせんのか?
出撃はせんのか!?





俺は決断した!

キャンセルしよう!

3000円を捨てることになるが仕方ない。
それよりもここで2時間つぶして駐車料金も2時間分払うよりはいいかもしれん。

俺はすぐに部屋を出て受付に行き、用事ができたと言ってキャンセルを申し出る!

だが受付の人に「キャンセルするにはキャンセル料がいるかもしれないので会社に問い合わせてみます」と言われた。
欠員が出るとパーティーのバランスがとれない為とのことだ。




3000円の上にさらにキャンセル料をとるのか!
たしかにこっちにも非がある。
重々承知だ。
一人分の欠員を出すのだがから。


しかしだ。
もともと15対15のパーティーだったはずだ。
それが女3人男5人しか集まっていない。
これではバランスがどうこうではない。
さらにあの面子だ。

逆に参加者に文句を言われても仕方ない。


しかし文句は言わずに少し待つ。

するとあっさりキャンセルできた。
向こうも少し気の毒に思ってくれたのか?

次回からは気をつけてくれと言われたが…

まぁ3000円は失ったがのぉ

そしてだ、この3000円を払っているときに女2人組みが時間ギリギリに入ってきたのだが、一人が結構キレイな子だった!
ストレベル7くらいか!



帰ろうとするとコレだ。

しかし今さら「また参加します」は通用しない。


あ〜ぁ。
オッサン今日はグダグダだわ。

体調崩すし、看護士に会って気まずい思いはするし3000円を失うしで。
弱り目にたたり目だのぉ…


帰り車を運転しているときは憔悴していた。
金を無駄に失ったことと、あの子に会ったことで。

俺は思った。
「世間は狭い」と。
特に奈良は。
1週間前に会った子とパーティーで会うか?

そして自分自身の視野の狭さ、世界の狭さに情けなくなった。
本当に田舎者だ。

…どんどんこのまま老いていくぞ。
一日一日が貴重だ。




これはもうナンパしかないか?

ナンパの鬼になるしかないのか!?


12月は出撃せねばならん!

明日風邪がマシになっていれば出撃してみるか…。
 
posted by ムロウ at 23:57| Comment(17) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

8月パーティー in 橿原(後編)

次の子と喋る。

で、次もウザかったのよ。
ウザさでは今日一番だ。
34歳の会社員の女だが、もう喋って1分で合わないと感じた。
残り3分が苦痛だったぞ。
見た目が残念なのはしかり、性格も難がありそうだったわ。
デリカシーがない喋り方をするのだ。初対面なのに…

しかしなんとか4分間頑張って喋ったぞ。
自分をほめてやりたい。


よし、次だ!

今度は若い子だ!
しかも今回のパーティーで群を抜いてキレイだ!
…いや今まで参加したパーティーで一番美人だ。
クールビューティーといった感じだ。
タイプの顔だ。

当たりがいたか!!

年齢は25歳くらいかな?

挨拶してプロフィールカードを交換して確認する。


すると


なんと、35歳だった!


ビックリしてしまった!
とても35歳には見えん。

会場が薄暗いから、そう見えているのか?
俺は女の顔をまじまじと見つめてしまう。
肌もキレイで笑いジワも見当たらん。

本気でビックリしたので俺はマジで女を褒めてしまった。
「25歳くらいに見えました」と。
いつも褒める時は、ウソをついて褒めたりするのだが今回は心の底から褒めてしまった。

それが伝わったのか、この女とは話が盛り上がっていい感じになった。
しかもお互い犬好きということで話が盛り上がる。
仕事は大手家具店の販売員をしていると言っていた。

4分間があっという間だった。
もっと喋りたかった。

これだけキレイだったら多少性格に難があっても問題ないのぉ。
…で、どうやらさっきの34歳の連れだったようだ。

そして順番に会話をしていく。
6番の32歳の会社員も結構感触がよかった。
ルックスもまぁ並くらいか。


…9人喋り終えて俺は候補を決めた。
2番の35歳の家具販売員と6番の32歳会社員だ。
この2人にしよう。

俺は途中で配られた第1印象カードにこの2人の番号を書いた。

そして中間発表でみんなに途中経過のカードが配られる。

もし1枚もカードをもらえなかったら…

それはほぼゲーム終了を意味する。
誰からも好かれていないのだから。
そこからの挽回はかなり難しいだろう。



今回は俺は3枚もらえた。
画像 208.jpg

うれしいことに、さっきの2番の35歳家具販売員と6番の32歳会社員が入っていた。


…ということは最後にカップルになるには、この2人のどちらかに入れるしかないというわけだ。

俺はこのパーティーは3回目なのでシステムを理解してきた。
最後の本命カードにも3人まで番号を書ける。

そしておそらくこうなればカップル成立だ。
仮に推測してみた。

   のカード         女2番(35歳)   男7番
第1希望 2番(35歳販売員) 第1希望  7番  第1希望  8番
第2希望 6番(32歳会社員) 第2希望     第2希望  4番
第3希望 9番           第3希望  3番  第3希望  1番

これだと俺と35歳販売員とカップル成立だ。
女の第1希望は7番だとして、男7番とは番号が一致していない。
しかし女の第2希望に俺の番号があってお互い番号が一致している。

第1希望同士でなくてもよいのだ。
第2、第3希望同士でも番号が一致すればカップルになれる。
だからカップルになるのはそれほど難しいことではない。



そして、後半戦のフリートークを終える。
画像 206.jpg

最後に部屋を出てスタッフにカップルになったかを知らせられた。


カップルにはなれたようだ!

俺は、第1希望に35歳クールビューティー、第2希望に32歳会社員とした。


さぁ、どっちとカップルになれたのだ?
35歳クールビューティーであってくれ!



6番の32歳会社員だった。
画像 209.jpg



第2希望だったのだが。


まぁいいか。
とりあえずカップルになれた。

しかし心残りだ。
35歳クールビューティーとパコパコしてみたいという願望があった…

終わった後で番号交換しに行きたかったのだが、ちょうど32歳と番号交換しているのを見られたので無理だと感じた。

35歳クールビューティーはカップルになっていなかった。
やはり年齢がネックになったのだろうか。
思っていたより人気がなかったな。
キレイな顔をしていたのに…

そのまま帰ってしまった。


う〜む。
どうにかならんかのぉ。

スタッフに後日電話して、俺の番号を向こうに教えてもらうことはできんかな?

…無理だろうな。
プライバシーがどうとか言われて…


しかし…


会話をしていて一つ思い出したことがある!


働いているお店の名前を言っていた!

奈良市内の大手家具販売店で販売員で働いていると言っていた。
この大手家具販売店は奈良市内で一つしかない。

…となればこの店にいって番号を渡すことができるではないか。

まぁ大体どうなるかは想像できるが。
気持ち悪がられるか、奇跡的に少しうれしがられるかだ。
仕事中だし迷惑だな。
下手すればストーカー扱いだ。

少し考えておこう。
番号を渡しにいってもリスクはゼロだ。
失うものはない。
番号だけ渡してさっさと帰ればいいのだ。

よし、少し希望が見えてきたぞ。

32歳ともカップルになれたし帰るか。





一つ忘れていたことがある。



不動産屋はどうなった!?





不動産屋は小さいオッサンとカップルになっていた。





俺はもう何も言うまい。



これでメールできる子が3人に増えた。

秋に向けて増やしていかねばのぉ。

posted by ムロウ at 01:29| Comment(3) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

8月パーティー in 橿原(前編)

土曜日、奈良県中部の実家近くの橿原市で行われたカップリングパーティーに行ってきた。
今、どうにか繋がっている子は2人いるのだがオッサン今年は攻める年だからのぉ。

お盆前の集大成だ。





すまん、最近あまりナンパをしてない。
しかし、こう暑いとクーラーの効いた部屋で女の子と話す方が楽なのよ。
オッサンが汗をダラダラかきながらナンパしてものぉ…

ナンパはまた近々出撃する。

今回のパーティーは以前と同じパーティーだが開催場所が違う。
なぜ場所を変えたかというと、もう2回行っているのでそろそろ顔見知りが来ると恐れたのだ。
前に喋った人が来たら気まずいぞ。

キレイなホールで行われる。
画像 082.jpg


中もクーラーが効いていて快適だ。
画像 083.jpg

今回も3000円を払うか。
貴重な3000円だ。
これで服一着でも買えるのに…


人数は男11人、女9人。
なぜかいつもこの人数だよな。不思議だ。
15人まで募集しているのに奈良県だから集まらないのだろうな。
大阪を見習え!


どんな面子がそろっているのだろう…


男は、まぁ普通の面子か。
見た目は並以下、売れ残りといった感じが多い。
オシャレなイケメンがこんなところに来るはずがない。

女は9人の中、4人ぐらいが許容範囲。
チラッと見たがキレイな子も一人いた!
そして、どう見ても非常に残念なのが一人いた。
おそらく誰も声をかけないであろう女が…


そして恒例の儀式、プロフィールカードの記入だ。
もう飽きたわ!
画像 193.jpg



皆書き終わるとトークが開始される。
画像 204.jpg

さぁナンパ師の本領発揮だ!
俺はストリートで修羅場をくぐっておるぞ!


まずは1人目で肩慣らしだ。
カワイクはないが愛想笑いをしてトークの練習だ。

一人4分ほどの持ち時間で女の子と順番に喋っていく。


…そして非常に残念であろう子と喋ることとなった。



年齢は28歳だった。

だが


雰囲気がおばちゃんなのだ!


熟女といった雰囲気ではなく、おばちゃんだ!

分かってくれ。このニュアンスを。


この子は今回のパーティーでは若い方なのだが、一人浮いた雰囲気が出ていたな…
他の男達はこの子をどう見ていたのだろうか?
非常に気になった。


俺はさすがにこの子はないと思ったので、無難な会話をして終わることにする。
4分間が長く感じたぞ。

そして次の子と喋ることにした。


4人目の子だ。

おッ!
なかなかカワイイぞ!
笑顔もいい。
癒し系のルックスだ。

どれ、プロフィールカードを拝見するか…

28歳で大阪市内勤務の会社員。

ほぅ、長所が笑顔か。

なるほど、納得だ。
この子は喋るときによく笑顔を見せる。
あまりにも笑顔が多いので俺は少し違和感をおぼえたが…

平日が休みと言っていた。



会社員で平日が休みか?
珍しいな。

俺は職業を聞いてみる。


すると女は、


「不動産屋」と答えた。





むぅ…


不動産か!


これは手強い。

なぜなら不動産屋というのは結構気の強い子やしたたかな子が多い。
昔知り合いに聞いた話だが、職業柄そうなるらしいのだ。
気が弱かったりしていては勤まらん。

家を売ったり貸したりは高額な契約だからな。
度胸があり肝っ玉がすわっている。

契約を取るために騙しいも日常茶飯事だ。
そして幾多の修羅場をくぐっておる。
確実にそこらへんのOLよりは、人生経験が豊富だろう。

なるほど…
さっきの笑顔の違和感が理解できた。


営業スマイルだな!


そして今も会話しながら笑顔を見せておるが、目は笑っておらんぞ!





賃貸か?

それとも売買か?


いや、そんなことはどうでもいい。


一つ言えるのは、俺の前にいるのは くせ者 ということだ!


もう少しで騙されるところだったぞ。
そしてこの女、笑顔で喋りながらも俺にいろいろ質問してきおった。

「あなたの仕事は何?」
「そこでどんな仕事をしてるの?」

くぅ…

目が怖いぞ。
じっくりと品定めをされているのが感じられた。
就職面接を受けている気分だ。

とりあえず俺は自分の仕事の説明を軽くする。


女は終始笑顔なのだが目が笑っていないんだよな。
今日の9人の女の中で一番怖かった。
見た目が怖いという意味ではない。むしろ見た目は癒し系でカワイクて全然怖くない。

しかし、内に秘めた芯の怖さを感じた。


不動産屋よ…


お前、俺を下流だと見抜いたのか?

この数分の会話で。

どこから感じとった?
仕事のこともそんなに詳しく話していない。
そこから年収など分かるまい。

服装か?
喋り方か?
たたずまいか?

職業柄、読心術に長けて折るからな。
毎日の仕事が品定めだからのぉ。
洞察力はすさまじいぞ。


そして貴様が考えていることはこうだ。

「この人私より年収低いのかしら?」
「なんか下流の雰囲気がする…」
「とりあえず笑顔ふりまいて、いろいろ探ってみよう」と。


うぅ…

28歳の娘にもてあそばれているようだ。


おのれ。


この子との会話は後半辛く感じた…

…やっと開放された。

ナンパ師の俺が手玉にとられた。
屈辱だ。


そして次の子と喋りにいくのである…


続く…


posted by ムロウ at 01:50| Comment(1) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

パーティー3回目 奈良(後編) 


1回目のトークが終了したのでスタッフに途中経過のカードを渡される。
第一印象の結果を知らされるのだ。

今回俺は、何人の女の子に気に入られたのだろう?


4人からカードをもらえた!
画像 121.jpg

うむ。まずまずだ。
0枚だったらどうしようかと思っていたぞ。
だが、ほとんど残念な子ばかりからだ…
愛内里菜からは入っていなかった。

そして俺の隣の男をチラッと見てみた。
この男は何枚もらっているのだろう?





なんと5枚もらっておった!


きさま、どんな面をしておる?
面を拝ませてくれ!





むぅ…
イケメンではない。

というより顔がゴツゴツ系だ。
イカツイわけでもなく、ただゴツゴツした感じだ。

俺はこの男を岩石と呼ぶことにした。

プロフィールカードをチラっと見たが年齢は32歳だった。



岩石よ…





貴様モテモテだのぉ!


今はどんな気持ちだ?

優越感にひたっておるのか?




俺は岩石に負けた。
岩石は5枚で俺は4枚だ。


どんな技を使った?岩石よ!

貴様にはどんな魅力が詰まっているのだ!?


こういった朴訥とした感じの風貌は女受けがいいのか?





今回はやたらと人間観察をしてしまう。
カワイイ子がいてないからやたら毒づいてしまうのぉ。



他にもいたぞ。


俺の右隣の男はオッサンだった。







何歳だ?


ここは年齢制限があって38歳までだぞ。


プロフィールカードをチラって見てみる。

35歳だった!


見た目は、お笑い芸人のさまぁ〜ずの大竹にソックリだった。
メガネかけていたし。
それで老けて見えたのだろうか…

それにしても35歳には見えん。
その肌のハリやシワは確実に40過ぎに見えるのだが…


大竹よ…


おぬし詐称したな?年齢を…



このパーティーは身分証明書がいらない。



パコパコを求めるがあまり、年齢を偽ってしまったか!?


この大竹、結構マシンガントークをしていて女と和むのが上手かった。
隣なので嫌でも目に入る。
こういうのは参考になるな。
俺もお手本にしたい。

俺はコミュニケーション能力がないからな。


2回目のフリートークに入る。
画像 116.jpg

愛内里菜に喋りに行きたいのだが一番人気か、他の男共が奪いあっておる!
アニメ声にやられたのか!?



他に行きたい子がいない。


仕方ない。
適当な子を見つけて喋りに行こう。
相変らず俺のテンションは低いままだ。

そして4人とフリートークをして終了となる。

そして集計される。



今回も前回と同様、カップルになったらスタッフにこっそりと教えられる。



俺はとりあえず消去法で4番の28歳看護師に本命カードを入れておいた。


さぁ、どうなるだろうか…




4番の28歳看護師とカップルになった。
画像 125.jpg

…だがうれしさはあまりない。
ルックスはまぁ普通だ。

特別会話も盛り上がっていなかったし。
おそらくこの子も消去法で俺に入れたのだろうと推測した。
お互い盛り上がらないまま、ただカップルになったというわけだ。

大丈夫だろうか?
いきなり雲行きがあやしいぞ。
この子もテンションが低い子だった。


一応、最後は連絡先を交換した。



そして俺は大竹が気になった。
言葉こそ交わしていないが、同じパーティーを共にした戦友だ。



大竹よ!

おぬしはカップルになれたのか?


あれだけのマシンガントークだ。
ゲットできたのではないか?





だが、大竹はカップルにはなっていなかった。
そそくさと帰っていった。


会話が盛り上がっていたのにな…
盛り上がればいいというものでもないのか。
老け顔がマイナスだったのか?

人がよさそうな感じなので親近感がわいていたのだが…



カップリングパーティー…

なかなか奥が深いのぉ




う〜む。
今回はなんか全体的に盛り上がりにかけたぞ。

これで一応、3戦連続勝利とはなるのだが…


なんか今回はいきなりダメな予感がありありとする。

あぁ…
いつになったら晴れるのだ。
この憂鬱な気分は…



次回は大阪のパーティーも攻めてみるかのぉ。



…いや。

それよりもナンパだ!

ひさしぶりにナンパをしたくなってきたぞ!




posted by ムロウ at 22:17| Comment(2) | TrackBack(1) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

パーティー3回目 奈良(前編)

土曜日、またカップリングパーティーに行ってきたぞ。

今年3回目だ。


…いつまで続くのだ?
この不毛な戦いは。


前回と同じパーティーで場所も同じだ。
奈良市の北部で行われる。
画像 107.jpg


年齢制限があって男は38歳までとなっている。
…俺は少し焦っていた。

参加できるときにできるだけ参加しておこうと…
ぼやぼやしてたらあっという間に年齢制限にひっかかる歳になってしまう。


しかしだ…


最近の俺はテンションが低い。
恋愛、ナンパがどうのこうのというより、全体的なテンションが低い。
生きるテンションが低い。
体調は崩すは、ボーナスは少ないは、いいことないはで…
たまに絶望的な気分になる時もある。

これは年齢的なものだろうか…?


しかもだ。
恥ずかしながら、俺はここに来る前に家でシコシコして性欲を解消してしまった。
これではテンションが上がるわけもない。
性欲が解消されたのだから。


そしてテンションが低いまま俺は参加する。

さっそく受付に行って3000円を払う。
前と同じ男のスタッフだ。
画像 112.jpg

「また来やがった」と思われていたかも…


さぁ、受けとれい!
貧乏人の3000円を!


今回は男11人、女10人集まった。
しかし俺は不安なことが一つあった。


それは、前回のパーティーに参加した女が来ているかもしれないということだ。


俺は早速見渡してみる。






ふぅ、いてない。
一人もいてなかった。

奈良は人が少ないからな。
同じ人と会ったら気まずいぞ。

ざっと女を10人見てみたがタイプの子はいていない。
そして特別カワイイ子もいない。
普通かそれ以下、そして残念といった感じだ。
あえて言えば10人中3、4人くらいはまだイケてるか。

男もイケメンはいてない。
悪く言えば売れ残りといった感じの者が多い。


大体いつもこんな感じだ。

まぁ見た目だけでは魅力は分からんがな。


プロフィールカードに記入する。
画像 97.jpg


さすがに3回目だ。
もう新鮮さや楽しさなどない。
流れも分かっているのでルーティーンワークよ。



… 


トークが開始される!


お互いのプロフィールカードを交換しあって4分ずつくらい順番に喋っていく。
10人の女の子と面接だ。
画像 118.jpg


「今日は一人できたんですか?」「仕事は何してるの?」
「好きな食べ物は○○ですか」「一人暮らしですか」「職場は奈良市内ですか」
などなど
お決まりの定型文。

そして気に入られようと愛想笑いやリアクションを大きくとる。




ここまでくればもう戯言、愚行よ。



…ひりつかない


ナンパの時の精神の高揚がない。

所詮はパーティー会社の策略にはめられて喋っているだけだ。

受身だ。
主体性がない。


否応がなくこの10人の中から選ぶしかないのだ。


ぐぅ…

今の俺はパーティー会社に完全に支配されている。
3000円を払って…

情けない…

俺のナンパ師のプライドはどこにいったのだ…?


俺は完全に集中力がなくなっていた。
どこか上の空だった。


だが3000円を無下に捨てるわけにもいくまい。

喋ろう。


女の年齢層は今回は結構高くて26〜36歳までがいた。

一人年齢を書いていない女もいたぞ。
とんでもないな。
どういう魂胆があるのだ?
こういうのは腹黒さを感じて興ざめだ。

そしてやたら医療系の事務や看護師が多かった。
やはり職業柄出会いが少ないのだろう…




約1時間で1回目のトークが終了する。
とりあえず10人と喋ってみた。

一人カワイイ子がいた。
28歳の看護師だが声がすごいアニメ声だった。
ルックスは歌手の愛内里菜に似ていた。
本物と同様に声も似ている。

少し水商売的な雰囲気も感じられる。
このギャップがたまらん!

「よくアニメ声って言われる」と言っていた。
アニメ声に俺のスケベ心はくすぐられた!

お気に入りの候補に入れたぞ。


前半が終わり途中で集計が行われる。

続く…



posted by ムロウ at 13:11| Comment(2) | TrackBack(1) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

カップリングパーティー 奈良(後編)

順番にしゃべっていき7人目の子がなかなかかわいかった。


年齢が34歳だったが見た目がかなり若く10歳くらい若く見えた。





職業をきくとスポーツジムのインストラクターをしているとのことだった。
ダンスレッスンなども教えているらしい。

なるほど…


職業柄若くみえるのだな。
やはり人に見られると若々しくいられるのか。


運動するからスタイルも良かった。


この子も候補に入れた!







そして全員としゃべり終わる。


9人しゃべって候補が2,3人。

あとはスルーといった感じだ。



そしてまずは1回目の集計だ。
男女おたがい第一印象で気に入った子を書いてスタッフに渡す。俺はとりあえずさっきの候補の二人を書いた。


少し時間が過ぎて集計が終わる。


スタッフが集計のカードを個人に渡していく。


俺はどれくらい第一印象で気に入られたのだろうか…



スタッフにカードを渡された。



なんと6枚もらえた!
画像 087.jpg

6人の女の子から気に入られたのだ。
さっきの看護師とインストラクターも入ってる。


9人中6人か!
豊作だぞ。


オッサン今日は絶望男ではなくモテ男だのぉ!
下がっていたテンションも上がってきたぞ!
 
昼に美容院で散髪してスッキリしたのが印象が良かったのか?
それとも「いつでもナンパできる」という余裕が出ているのか?
女は余裕のある男が好きだからな。


そして見渡すと明らかに見た目がヤバいヤツや、年齢が高い人はカードをもらえてなかったな。
う〜む。
こういう場に来るときくらいはオシャレな格好で来たほうがいいぞ。
すごいヨレヨレのTシャツを着ている人とかもいたぞ。
ナンパやパーティーなどは第一印象が大事だ。

キーワードは「清潔感」だぞ。




そして2回目のフリートークに入る。

男が気に入った女のところに行ってしゃべるのだ。

しかし女9人で男11人なので男が2人余る。

9人の女の席を男が奪い合うのだ。


さぁ行くぞ!




くっ!

しかし他の男どもが早い!

行きたい子の席はもうすでに埋まっている!

仕方ない。
妥協して他のところに行くか!


しかしここも埋まっている!

男どもは、我先に我先にと必死に女の前に座りにいっておる!


クソがッ!


本性をあらわしおって!







結局とりのこされた。


2人さみしく端っこに座ってトークを眺めているだけだ…


隣の男も取り残されて可愛そうに。

そうか、おぬしも座れなかったのか…
残念だのぉ。


この男、ぶつぶつ小声で文句ばかり言っていたぞ。
「ちっ、早く終われや」「ちッ、早くせえや」などと…

もうちょっとドシっと構えたほうがいいぞ。

モテ男は心の余裕が大事だからのぉ。
俺のように泰然自若と構えておけ。







そしてトークが終わる。


ここからあと2回、男は女の前に行って喋れる。


ゆくぞ!


のけい!

きさまら!




のけい!!



よし!席を獲得したぞ!


ふぉふぉふぉ!
楽しいのぉ!


そして俺は無事、候補にいれていた27歳看護師と、34歳インストラクターと喋れた。



トークも終わり最後に本命カードに記入だ。

俺は34歳インストラクターに入れた。
スタイルがよくてそそられる。





そして集計される。


今回のパーティーはカップルになっても前に呼ばれない。
みんなに知られないシステムだ。
帰るときにスタッフにこっそり教えられるのだ。


パーティーが終わる。
1時間半ほどだった。

さぁ帰るか。
楽しんだぞ。


そしてドアを開けてスタッフの前を通ると呼び止められた。

小声で「おめでとうございます。廊下でお待ち下さい」とカードを渡された。


なんと!


34歳インストラクターとカップルになれた!
画像 091.jpg


むぉぉ… 今日はなんかツイとるのぉ。
前回に続きまた勝利だ。


俺はナンパよりこっちの方が向いているのか?
それともナンパで度胸がついてきたので成功できたのか?


まぁいい。

俺はとりあえずこのインストラクターと連絡先を交換した。


そして早速、会う予定になった。
まだ場所などは未定だが…


それはこれから決めていこう。


やはりナンパはしておくものだな。
心の余裕ができる。


よし!
これからもナンパ活動を続けて女を追うぞ!


ナンパの世界では二兎を追うもの二兎を得るだからな。




…取り残されて文句いっとった男は27歳看護師とカップルになっとったわ。
いい結果に終わってよかったのぉ。





posted by ムロウ at 00:12| Comment(7) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

カップリングパーティー 奈良(前編)

日曜日に、またカップリングパーティーに行ってきたぞ。

以前はバカにしていたが前回の勝利で味をしめたからだ。
それに結構楽しかったしな。
今回は500円ではない。
3000円だ。

カップリングパーティーで3000円は安い部類に入る。
大阪だと5000円前後が主流だ。

しかし俺のような貧乏人にはそう何回も行ける値段ではない…


月1回くらいならいいだろう。
ナンパトークの実践の場でもある。
色々学べることがあるぞ。


今回は前回とは違うパーティ−で奈良県の北部で行われた。
俺の家から近い。
北部は比較的金持ちが多く上品な感じの子が多い。


小さな会館で行われる。
しかし今日から梅雨入りで雨が降っている。
画像 077.jpg

しかも日曜の午後6時半に開始だ。
明日仕事なのに…

俺のテンションは低かった。



中に入ってみる。









誰もいてない…
画像 080.jpg

開始30分前にきたのだが、夕方だったので他の部屋も閉まっている。

本当に開催されるのか?


俺のテンションはまたもや下がった。

下がりきった。


なんか帰りたくなってきたぞ。




だが開始10分前になると人がポツポツと集まってきた。


俺はホッっとした。

よかった、開催されるのか。


人数が気になるが…



そして時間になったので開始される。





まず思ったことは





司会の姉ちゃんがキレイだ!



30歳過ぎくらいだろうか…

いい感じに色気が出ている。
NHKの女子アナみたいな感じだ。

指輪をしていたが…

くぅ〜
後ろからパコパコしたいのぉ!







男11人、女9人で開始される。
画像 085.jpg

奈良県だとこれくらいの人数を集めるのが限界なのだろう。

大阪だと50対50、100対100とかのパーティーがあるのだが。



軽く見渡してみる。


ふぅ… 今回は田舎ヤンキーはいてないか。


そして、もしナンパだと声をかけたいと思うのは…

9人中4人ほどいた。


男はイケメンはいてなく、フツメン、もしくはオッサン、ブ男といった様相だ。



よし早速プロフィールカードの記入だ。
画像 081.jpg

己のスペックを記すぞ!



1人3分ほどで順番に女の子に話しかけに行くシステムだ。



準備万端だ。


さぁ!早く開始してくれ。
心の準備はできておるぞ!






そして開始された!



皆せきを切ったかのように一斉に女の子にしゃべりだす!
ガンガンしゃべっとるわ!
画像 082.jpg

むぅぅ、客観的に見てみると異様な光景だ。
理性のタガが外れたのか!?
こいつらの頭の中にあるのはパコパコよ。


一人目としゃべる。

年齢がなんと45歳だった。

…テンション下がりまくりだ。
なんとか3分、間をつなげねば。

俺は愛想よく笑顔をふりまいてしゃべった。
ここでトークを放棄してはならん。
相手にも失礼だ。
モテ男になるには心を寛容にしないとな。

それにせっかく金を払ったのだからトークの練習だと思えばいい。
コミュニケーション能力の養成の場だ。


二人目は最年少の21歳。

…だが残念な感じだ。
ナンパだと絶対に声をかけない。
放流したいがここでも俺は愛想よくしゃべって女の子を気持ちよくさせた!
ナンパトークの実践だぞ。
プロフィールカードに沿って「休みの日はどこに買い物行くん?」などと話を膨らませていく。

そして適度にほめた。



三人目がかなりの当たりだった!
女子アナの皆藤愛子似の27歳看護師だ。
ファッションも清楚な感じでいい。
これは男受けする感じだ。
しゃべっていて楽しかった。

俺はこの子をお気に入りの候補に入れた。

そして次々と順番にしゃべっていく。



続く…



posted by ムロウ at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

パーティーが…

4月に一回行った500円のカップリングパーティーのサイトを今日見てみた。

すると、人が集まらなくて中止が続いてか5月以降の予定が書いていない。


これはこのまま終了してしまうのだろうか?

寂しいものがある。
奈良県は人が集まらなさすぎだ。
大阪で500円などで開催すればすぐに満員になるのに…


5月はまだ1回あるのぉ。
行ってみるか迷うところだ。


posted by ムロウ at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

パーティーに行く (後編)

そして続いてとなりの田舎ヤンキーの子に喋りかけに行く。

さっきの子と友達だ。
ヤンキーでキツそうだがルックスは美形だ。
素材がいいのにもったいない。


さっきの子と違いこっちは結構会話が盛り上がった。
お互い質問もしあって感触が良かったぞ。

カワイイのぉ。
気が強くてもやはり若い子はいい。
なかなか胸も大きかった。


そして最後の方で狙っていた清楚形美人と喋る。
29歳であまり年齢差も感じない。

喋ってみると会話がしやすい。
フィーリングが合うのか?
今日一番感触がよかった。


とりあえず1回目のトークが終了する。
そしてここで気に入った子の番号を書いてスタッフに渡す。
俺は迷わず清楚系で行く。
何人にも渡せるが俺はこの子1本で行くことにした。

女の子の方も気に入った男の番号を書いてスタッフに渡す。

そしてスタッフが集計してそれぞれに渡していく。



俺は2人から番号をもらった。
9人中2人か…




オッサン、モテ期到来か!?



一人は全くタイプでない子だが、もう一人はさっきの清楚系だ!

…ということは一応両思いということになるな。

テンションが上がる!!

そして後半戦、気に入った子と会話が出来る。
当然俺は清楚系に行く。
お互い途中結果を分かっているから少し恥ずかしい…

緊張してしまったぞ。
この歳になってドキドキしてしまう。

楽しかった。


そして後半も終わり最後に本命カードに女の子の番号を書いてスタッフに渡す。
画像 018.jpg

お互いの番号が一致すればカップル成立だ…



集計中だ…




そして5分ほどしてスタッフから、「本日は3組のカップルが成立しました」と告げられる。

おぉ、これはもしかして!


番号が発表される。


俺の番号が呼ばれた!!



さっきの清楚系とカップルになれたのだ。


そしてカップルは前に呼ばれる。


…恥ずかしいぞ。


だがいいな。
以前は結構カップリングパーティーをバカにしていたのだが。
なにか優越感にひたれる…

すまんな、非モテども


これはやみつきになるぞ。
まぁ500円だしな。


すごく充実感がある。


当然最後は番号交換した。
俺はなにか運命的なものを感じた…
しかも同じ奈良市内同士で近い。


しかしここまで赤裸々に書いていいものだろうか…
人数の少ないパーティーだったから関係者が見たら正体がバレるのではなかろうかと…
パーティーに一応リンクしてしまったからアクセス解析でバレるかも…(汗)


じゃあ書くなよと言われるかもしれんが、うれしかったのでつい書いてしまったのだ。
どうしても書きたかった。
リスクを覚悟で…

スタッフの人が見ていたらこの場で謝罪しておく。
勝手におもしろおかしく書いてすみません。


カップルになった。
そして近々食事に行くことも約束した。
お互い好感触だ。

ルックス的にも申し分ない。
なかなかナンパでもお目にかかれない。
先日社会人サークルで番号聞いた「下の上」の子など、もうどうでもいい。






だが




ナンパはどうする!?


ナンパ師を引退するのか?


まだナンパ開幕戦しかしてないぞ。


開幕戦1試合で引退か?


タイトルを「34歳幸福男の日記」とでも変えるのか?


今年も学園祭ナンパに行かねばならんのに。

ナンパ100人組み手はどうするのだ!?


ナンパをしてこその俺だ。

大勢の読者もそれを望んでいると思う。




俺は苦悩した。





しかし冷静に考えていた。

よくよく考えてみたら、たしかにフィーリングが合ってカップルになった。
だがまだ番号交換できただけで進展がない。
ここからどうなるか分からない。
1回会ってそれで終わるかもしれん。

そういう心配はちゃんと付き合ってからしないとな。

杞憂というやつだ。
ナンパ卒業はきちんと付き合えてからだ。
勝手に妄想してはならん。
非モテ男の発想になってはいかん。


とりあえずこれからもナンパだ。
コミュニケーション能力の養成にもなるしな。
モテ男は常に自分の周りに女を3人ほど確保しておくらしいからな。
そうすることで自分に余裕が出る。
良い、悪いは別にしてこういう思考は大事だぞ。


それにしてもナンパであれだけ苦戦したのに、たった1時間半のパーティーでこの結果だもんな…
今までの苦労は何だったんだと…

キャンセルしなくてよかった…


お互い500円というのもいいかもな。
普通のパーティーで5000円、6000円も出すとどうしても女に主導権を握られるような気がする。
「高いお金出して必死なのね」「出会いがなくてモテない人かも」みたいに。
参加する時点でもう下に見られるのだ。

しかし500円だとそうは思われないと思うのだが…
気軽さがあって必死さが感じられん。
「安いし気軽に参加したのね」みたいに


…まぁ勝手な解釈だが。



また近況を報告していこう



posted by ムロウ at 16:10| Comment(6) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

パーティーに行く (前編)

先週、予約していた500円のカップリングパーティーに行ってきた。

奈良県南部の小さなホールで行われる。
しかし田舎なので人数が集まるかと不安だったしあまり乗り気ではなかった。
事実前日までキャンセルしてやろうかとも考えていたからな。


さっそく会場につく。
天気がいいので少しテンションも上がってきた。
画像 007.jpg

なかなか小奇麗なホールだ。
画像 013.jpg
ホールの小さな一室で行われる。

う〜む。ここでやるのか…
ムードがあまりないな。
やはり奈良県だ。
画像 016.jpg

しかも隣の部屋では短歌の会みたいなのがやっていてうるさかった。
年配の人が廊下にあふれていたぞ。
画像 014.jpg

集まりが少し悪かったので時間をおして開催された。

男11人、女9人で始まった。
少ないな。

さぁ!どんな面子がおるのだ!?

俺は早速物色し始める。

男は20代の若造が少々とあとは40近いオッサンだ。
イケメンなどいてない。







勝った…



女の子も観察してみる。
人数が少ないのですぐに特徴を覚えられた。

20代の田舎ヤンキーみたいなのもいたぞ。
3人一緒に来とった。
奈良県の南部は土地柄かこういうのが多いのよ。
北部とはだいぶ人種が変わる。
ジャージ、スウェットがよく似合うぞ。

その他もろもろ見てみるが残念なのが多い。

9人中2人許容範囲となるのがいた。

いや許容範囲というより一人はかなりの俺のタイプだ!
田舎に似つかわしくない清楚系美人だ。
都会的な雰囲気が感じられる。
ナンパだとビビッて声をかけられないレベルだ!
なぜこんな場所にまぎれているのだ?

ストライクゾーンほぼど真ん中だ。
俺のテンションは上がる!
この子狙いで行こう。

まずは自分のプロフィールカードを書く。
画像 017.jpg
ふむ、ここに自分のスペックを記すのだな。
好きな食べ物は… デートで行きたい場所は… 休日の過ごし方は… などなど
これは大体どこのパーティーも同じだな。

そしてトークが開始される。
一人約3分間会話をする。
男が席を一つずれていき女の子全員と喋るのだ。

よし!
ナンパで鍛えたトークを発揮するぞ!
こんな場所はストリートに比べればヌルすぎる!
なにせきつい罵倒やガンシカなどない。
初めから会話ができるのだからな。

恵まれた環境だ。


順番に会話をしていく。
プロフィールカードを渡しあって一対一の面接だ。
お互い品定めだぞ。

なかなか楽しい。
たまにはこういうのもいいかも。
会話の練習にもなる。

3分間なので出来る会話は限られるが。
「一人暮らしですか…」「趣味の買い物はどこにいくんですか?」などなど。


そして鬼門の田舎ヤンキーの前に近づいてくる。
俺の前のオッサンはこの田舎ヤンキーと喋っていたので観察していたが、オッサンすごく狼狽してたぞ。

会話がほとんど成立していなかった。
喋りながらも焦っているのがありありと感じられた。





やはり年齢差か…


女の子も愛想笑いが多く感じられた。



俺は大丈夫だろうか…?


そしてこの田舎ヤンキーと会話だ。
22歳だった。若いな。

しかし始めの5秒くらいで感じとった。

この子は俺のことは眼中にないと。

もう雰囲気で分かるのよ。
パっと見て年齢差を感じたのだろうな。
そこからの会話というのは辛いぞ。

全く見込みのない子とトークをせねばならんのだから。
最も俺も全く興味がないが。
しかしトークの練習だ!

俺はナンパと思って喋りかける!
こういう子は笑わすのがいい。
固いトークはダメだ。


「22歳かぁ!若いな!ピチピチやなあ!」
と喋りかける!


さぁ、どんな反応を見せる?





苦笑していた。


すべったか…


少し変な空気が流れる。

しかたない、3分間耐えねば。
俺はプロフィールカードに沿っていろいろ質問してみる。

飲食店勤務と言っていた。

質問には答えてくれる。
ときたま少し笑顔もある…


だが…




むこうからの質問が一切ない!





くぅ…

なんだこのやりとりは?


裁判官と被告人か?


向こうから質問がないから、こっちの質問が途切れると沈黙が流れる時があった。

3分間がやたら長く感じる。
早く終わってくれ…





ふぅ… 長かった。


この子、俺のあとの20代の若造とは結構親しく喋っていたぞ。
笑顔も多くて。

ちくしょう…

俺があと10歳、 …いや5歳若ければ。

恋愛は若いときにしとかないとな。

そして続いてとなりの田舎ヤンキーの子に喋りかけに行く。


続く…




posted by ムロウ at 12:26| Comment(4) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

パーティー中止

先日、500円のカップリングパーティーを6つほど予約したのだが、中止のメールが来た。

6つのうち4つが中止だとよ。
人が集まらないとの理由で。

500円で人が集まらないって…

これだから田舎は怖い。
奈良は人が少ないからな。

大阪や京都だと違うだろうが。
500円でこれだと潰れてしまうのではないだろうか…


せっかく意気込んでいたのにテンションが下がるな…


これは浮気をせずにナンパをせよとのことなのか?


とりあえず1つだけは確定したが…
微妙だな。
大丈夫だろうか…

少し心配になってきたぞ。


また中止にならないように宣伝しとくか
http://www.infinity-nara.com/infinity/file/fair/index.php

まだ空席ありてw
posted by ムロウ at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

カップリングパーティーの予約

3月末のことだ。


ネットでいろいろ出会いはないかと探していた。

そして、またカップリングパーティーの出待ちでもしてやろうかと調べていた。
地元、奈良でもないものかと調べた。





するとなんと!


新しいパーティーが参加費500円で開催予定なのだ。
4月からスタートで、4月一杯はオープン記念で男女500円だ。


普段は3500円くらいだ。


俺は普段の値段なら行かない。
いろいろと以前パーティーをバカにしたしな…
プライドの問題もある。
ひれ伏すのもどうかと…

それにナンパが一番好きだしな。


だが500円だと別だ。
タダみたいなものだ。
費用対効果を考えると十分すぎると思うぞ。

ナンパをするよりはるかに楽。
喜んで行かせてもらおう。

俺のテンションは上がった!
これは千載一遇のチャンス!



4月は7,8回開催される。

とりあえずいける日はほとんど申し込んだ!

6回行っても3000円だ。
仮にはずしても500円だと痛くない。

パーティーなど20代の時に数回いった位だから何年ぶりかだ。
今までの人生でパーティーなど10回も行ったことがない。
それを1ヶ月で行き倒すのか…
忙しいぞ。


楽しみになってきたのぉ。


4月はナンパにパーティーに盛りだくさんだ。

ブログの更新も大変だわ。


posted by ムロウ at 01:27| Comment(3) | TrackBack(0) | カップリングパーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。