2016年01月21日

ナンパがうまかった人

今までブログには書いていなかったが、過去に結構合流をしていた。
もちろんブログのことは秘密にしていたけど(身バレ防止のために)

その中でやり手のナンパ師もいれば、俺以上にヘボのナンパ師もいた。
どれも5,6年以上前のことだし時効なのでサラっと書いていく。

印象的でうまかったのは、女に対しては完全にタメ口でガンガン声をかけるナンパ師だったな。(仲間内では敬語で礼儀正しかったけど)
いわゆるオラオラ系ナンパ師というやつだな。

これは過去1人だけだったのでカルチャーショックをうけた。数回一緒にやったが。

男前な感じもあったが、コミュニケーション能力に長けていてギャグも小出しにして女から番号をバンバンl聞いていた。

女との距離が一瞬にして縮まっていた。
そばで見ていてたくましさを感じたわ。そしてギャグに少し笑ってしまった。

こういう人間は仕事もできるんだろうな。自身に満ち溢れとったわ。

大阪ではこういうお笑い系で強引なナンパも必要だと感じた。

ナンパ歴も10年近くあって物色している様は、女を狩る獣の目だった。
実際ゲットも何人もしているようだった。

声をかけている姿も迷いが感じられないんだよな。

今まで一緒にやってすごいと感じたのは、このオラオラ系ナンパ師とこの前の凄腕さんと、長年一緒にやっていた連れの3人くらいだな。

このナンパのうまい3人には見事に共通点があった。
・コミュニケーション能力がある。
・女好き。
・ナンパ好き(ナンパをしているとき目が輝いている)
・頭の回転がはやい。
・仕事ができる(結構固い職業についている)
・空気が読める。
・心に余裕がある。
・女の扱いがうまい。
・いい意味で自分が上で、女が下という関係に早い段階でもっていける(ポジショニングともいうらしいけど。これが重要)

おそらくこの3人だけでなく、結果がでているナンパ師は上記のことがだいたい当てはまっていると思う。
逆にこれらを大きく外れると成功から遠ざかるんだな。

あとはほとんどがヘボなナンパ師だったけど、特に印象的だったのが3人いた。
ブログ的にはヘボなのを毒づいてこきおろす方が面白いのでな。
また書いていきますわ。
posted by ムロウ at 17:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長年このブログ読んでいますがそんなことがったんですね。

むろうさんも頑張ってGETしてください。
Posted by 大阪のおっちゃん at 2016年01月21日 18:05
ナンパって空気の読めない行為になりがちなんですが、確かに上手い人は空気の作り方が上手い。

頭の回転も、瞬時の世界なので関わってくるのは納得です。

Posted by at 2016年01月21日 18:12
>>大阪のおっちゃんさん
おおきに。

>>翔さん
ナンパの成功率は、頭の良さに比例するという側面もありますなぁ。
Posted by 絶望男 ムロウ at 2016年01月22日 11:33
ホントおっしゃるとおりだなあと思いました。

タメ口大事なのは痛感してるのですが、
ビビるとすぐ敬語になってしまいます(^^;)
Posted by うめ at 2016年01月22日 16:56
>>うめさん
敬語からタメ口に変えるタイミングが難しいです(+_+)
Posted by 絶望男 ムロウ at 2016年01月22日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432832265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。