2015年10月13日

夜勤バイト前の出来事

先日、夜勤バイトの前に100円ローソンによった。

夜勤前に買うものはいつも決まっている。
翌朝休憩所で食べる、牛乳に菓子パン一個。

あとはミネラルウォーターとブラックコーヒー。
これは毎回ほぼ同じだ。

ブラックコーヒーは深夜の目覚まし用だ。
昼の仕事中にも飲んでいるので毎日1リットル近く飲んでいる。

コーヒーを一日3杯程度飲む人は、飲まない人に比べてガンで死ぬリスクが少ないらしい。
http://www.commerceatroyes.com/1790.html

他にも効能として

・ダイエット効果
・アンチエイジング
・リラックス効果
・脳の活性化
・肝臓に良い
・二日酔い防止
・うつ病の予防
・消化促進
・覚醒作用
・糖尿病の予防

これは一石二鳥だ。


そこでいつものように買物をしていたときだ。

1人の若い女が入って来た。

スト9位はあるか。

俺は見とれてしまっていた。


クゥ〜 いい女だ。


大学生くらいか?

すれ違った時いい香りがしたな。

おにぎりを選んでいるのか。

すると後ろから男が入ってきて、女にしゃべりかけておるではないか!


どうやらカップルのようだ。


男はボサボサ頭で少し腹の出ただらしない身体をしている。

体育会系風のワイルドな風貌だが、今は引退して腹が出てしまった といったところか。

歳はおそらく30歳もいっていない若造だろう。

女は清潔感のある格好だったのに、男はまさに「近所のコンビニに行く、Tシャツ、短パン、サンダル」という格好だった。


…どこでその娘を手に入れたのだ? 若造よ。



そして観察していると、ときおり女の腰に手をまわしているではないか!



クソがッ! 見せつけてくれる!!



いいのぉ!若造!

そんな綺麗な子とパコれて!!

その子をひぃひぃ言わしとるんだろうなぁ。


ホンマ酒池肉林の世界だのぉ。









やはりコミュ力か。

優れたコミュニケーション能力をもっているのか!?


女をパコるのに一番大事なのはルックスでも金でも包容力でもない。


コミュニケーション能力だ。


俺は今までナンパを通じてその事を痛感した。

そして俺にもっとも欠けているものだ…



俺は屈辱感やむなしさを感じながら夜勤バイトに向かうのであった。

posted by ムロウ at 17:45| Comment(6) | TrackBack(0) | カップル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムロウさんこんにちは。期を同じくして復活しようか考えているマロンです。3年前のこの時期に一度していましたが、またストしてみようと思っています。自分もおっさんですがお互い頑張っていきましょう。
Posted by マロン at 2015年10月17日 22:58
むろうさんお帰りなさい
更新が無く、心配してました
同年代なので勇気づけられます

ゲット出来れば報告させてもらいますね〜
Posted by かわっち at 2015年10月20日 08:53
おっさん生きとったんですな!
しかしダブルワークで稼いでいるとはいえ
身体を大事にしないと後々きついですぞ
復活本当におめでとうございます。
Posted by 通りすがり at 2015年10月20日 14:51
おかえりなさい(´▽`)ノ

またこうしてムロウ御大のブログが読めるとは、しあわせだなあ。しかもタダで笑

ダブルワークしながらのナンパ、かなりドMな暴挙かと危惧されますが…過労死しない程度にお願いします
m(__)m
Posted by 酒崎麦太郎 at 2015年10月20日 23:29
奈良県在住の40代の読者です。初コメさせてもらいます。
ブログ復活されていたのですね(゜ロ゜;ノ
てっきり結婚でもされたのかと思っていました。
また面白いパコパコ記事楽しみにしております(^_^)v
Posted by ジョニー at 2015年10月21日 14:11
美人であるだけでいいなら、ネット上なら精神的におかしいかめちゃくちゃめんどくさい(いわゆるメンヘラ)美女は山ほどいます
なんで今までネットナンパはしなかったんですか?
Posted by 謎です at 2015年11月07日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427765733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック