2016年02月24日

恋煩い

2月もあっという間でもうすぐ3月。

時間がたつのは本当に早い。

春も近いですなぁ。

春は恋の季節ですわ。


近況としましては、ナンパは前回の41人声掛けから3週間ほどしていなかったがまた今週末から再開だ。
色々と忙しかったものでな。


まぁいつものダブルワークで忙しいんだけど、夜行っているコールセンターのバイトで2月の初めに新しいバイトの女が入ってきた。

スレンダーな体型でスト8くらいあるキレイなお姉さんといった感じだ。
年齢は30歳前後くらいか?

俺好みのOL風だ。

いつもの俺ならばブログで、

「くぅ〜!いい女だのぉ!

後ろから抱きついてうなじをペロペロなめたい!

○○○をペロペロねぶりたい!

○○○ッ! ○○○ッ!

クソがッ!」




などとのたまうのだか、今回は違う。

今回は感傷的な気分でな。

オッサンの純情に付きあってくれ。

センチメンタルな文章に仕上げたぞ。





彼女と会ったのは2月初旬。

新しくバイトで入ってきた。

30歳前?位で、細身のスタイルでサラサラヘアが綺麗な顔をさらに美しく見せている。

白いパンツがスタイルの良さを強調している。
目もぱっちりしていて誰が見ても美人だろう。

俺は緊張した面持ちで最初挨拶をした。
俺はキレイな子には緊張してしまう。


新人ということで、シフトが一緒のときは俺のとなりの席に座るように指示されていた。

まだ電話の受け答えも不慣れなので俺は優しく教えた。


彼女のとなりで、俺はたくさん鳴る電話を対応している。

そんな俺を彼女は頼もしそうな目で見ていた。
そして頼りにしてもらっているのが感じられた。


そして



頼られているのがうれしかった。



「ムロウさんの隣でよかったです」と言われてドキっとした。



電話があまりなっていない時は少し喋った。

兵庫県の端のほうから通っているらしく通勤に2時間かかると言っていた。
仕事を探していてつなぎでバイトをしているそうだ。


入れ替わりの多い職場なので、彼女と他に3人ほど同時に入ってきたそうだ。
顔は知らないが。


喋っていくうちに少し距離も縮まっていき、次第に彼女に惹かれていく自分がいた。

彼女はいつもバイトに入っているわけではないし、俺とシフトで入れ違いになることもあったので一緒に入るのは週2回くらいだった。

今日は彼女は出勤しているのかな?などと思いながら仕事場に入って実際彼女がいると、胸が高まった。



彼女と話したい。



彼女のことをもっと知りたい。



いつしか俺は



彼女に恋をしていた。




久しく忘れていた感情…



20代以来だ。
こんな気持ちは。


仕事の休憩中、彼女が別の新人の男(40位のオッサン)と椅子に座ってタメ口で親しげに喋っているのを見かけて俺は嫉妬した。

後で分かったが同期で一緒に入ったそうだ。

ちなみにこの男は既婚で子持ちだということを、仕事中に別の人の雑談の中から聞こえてきて知った。

彼女は知っていたのだろうか…



そうこうして3週間が過ぎた。

この日も彼女と一緒だった。

俺は幸せな気分で電話対応していた。

彼女の方はまだ新人で電話があまりならないので、隣の30歳のスト2のケツあご女と彼女が少し雑談をしていた。

俺は電話対応しながらも少し聞き耳をたてていた。


スト2に年齢を聞かれて答えていて、スト2がビックリしていた。
「見えない!」と

だが電話の音にかき消されて肝心の何歳かが聞こえなかった。

実は結構年齢が高めなのだろうか…

そういえば休憩室でオッサンともタメ口で喋っていたもんな。

いや、そもそも俺はこのオッサンの年齢も知らない…


この日は彼女は21時から朝6時までの出勤だった。
土曜なので、俺は21時から朝9時までの出勤だった。


そして彼女が退勤する2時間ほどまえ、朝4時くらいか。

彼女がこういった。


「実は私、今日で仕事終わりなんです。お世話になりました。」と


え?


なんでも兵庫県から遠すぎて無茶しすぎたそうだ。
やはり往復4時間の通勤はキツいらしい。


俺は彼女に冗談っぽく

「さびしくなるよな…」


といったが実はこれは本音だった。


彼女は「まだ会ったばかりじゃないですか」と笑っていたが。


残りの2時間はすごくやきもきした。


その間に俺の休憩もあり(休憩時間はみんなバラバラ)、結局最後一緒にいられたのは1時間半だけ。

もっと喋りたかったが、朝方から電話が鳴り始めて忙しくなったので喋ることもできず。

そうこうしてあっという間に彼女の終業時間の6時になった。


電話番号を渡そうか?と迷いながら仕事していたら、彼女が名残惜しそうな感じで「お疲れ様でした」と小さな声で帰って行った。


俺は後悔した。


たしかに電話がたくさん鳴っていて電話番号をキチンと話して渡すには難しい状況だった。

しかし紙に書いてサっと無言で渡すくらいはできたはずだ。いくら忙しくても。


これは俺に迷いがあったからだ。
忙しく電話がなっているのと、遠距離だということで俺の判断を迷わせた。

そのあとの3時間は、後悔の念を感じながら仕事をしていた。






次の日電車で職場に向かうとき、さみしさから少し目頭が熱くなった…



彼女が去ってから今日で4日。




もう俺のとなりに彼女はいない。




いつも笑顔で話しかけてくれた彼女の声を聞くことも、もうない。








あなたに出会えてよかった。




あなたの隣で仕事ができて幸せだった。




もしいつか、どこかで会えたら迷わずこう言おう。




あなたのことが好きでした。


posted by ムロウ at 15:06| Comment(51) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

2月到来

俺の一番嫌いな2月がきましたわ。

前にも書いた気がするけど。

もう寒いのが大の苦手。
憂鬱になるんだよな。

特に俺の住んでいる奈良は大阪より温度が2,3℃低い。

職場の大阪から奈良に電車で帰ると明らかに気温が違うからな。


寒い時期は色々と考えてしまいますわ。

ここ3日ほどでつい頭に浮かんだのが、50歳まであっという間だろうなということだ。
真剣に恐ろしくなったな。


なぜならこの10年がアッという間だったから。
同じくらいのスピードかそれ以上で過ぎていくだろう。

この10年で何かなしえたか?というと何もなしえていない。
同じような10年、もしくなそれ以下の10年になるかもしれない…

俺はまだ精神年齢が28歳くらいの感覚なのに。

50に向けては体力的には衰えていく一方だし、記憶力も落ちていくんだろうな…


10年後は何をしているんだろうな…

まさかナンパはしていないと思う。というよりしたくないわ。

50歳の俺は何を生きがいとして、何を楽しみにして生きているんだろうな…

50で独身だと相当世間体は悪いだろうなとも思う。
まぁ結婚願望はほとんどないんだが…


…というより50歳まで生きていられるんかな(汗)
posted by ムロウ at 13:30| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

ヘボナンパ師(第1位)

お待たせしました。

それでは、ヘボナンパ師 第1位の堂々の登場です(笑)

俺より一つ上のアラフォーナンパ師なんだけど。

出会ったのは6年ほど前。


当時流行っていたミクシィのナンパの掲示板で、京都で合流したんだが。


会った時の第一印象


う〜ん…



この挙動不審者(汗)



もう負のオーラ漂いまくりだったな。



喋って3分ほどで分かった。



これはアカン人や。



当時お互い30代半ばだが、まず見た目が老けていた。

ふつう30半ばならまだ若者らしさもあるんだが少し頭も薄くなっていて
ほうれい線やしわも多かった。

もうオッサンというよりジイさんではないか。
なんかすごいストレス溜めてそうな表情だよな。
苦いものを食べているような。

さぞかし苦労してお金でも持っているのか?と思いきや、ただのワーキングプアの貧乏人だった。

う〜む。
そのシワやほうれい線、俺のコールセンターで販売している美容クリームを塗りたくってやりたいと今になって思うな。
コラーゲンが染みわたってキレイになるぞw

いかん。いきなり毒舌が過ぎるか(汗)

喋ってもボソボソ何言っているかよく分からんしコミュニケーション能力がなかった。
俺もたいがいコミュ障だが、それのはるかに上をいっていた。

よくぞナンパをしようと思ったものだ。

大丈夫かいな。オッサンよ(汗)

そういやオッサンもナンパ商材を買ったと言っていたな。


俺は思った。


この人たぶん騙されやすい人だろうな。
かっこうのカモにされるだろうな。

絵画とか宝石買わされる人ってこういう人だろうな。


まぁわかりやすくスペックを10段階で評価するとこうだ。

ルックス 2
コミュニケーション能力 2
頭の良さ 2
ファッションセンス 1
かっこよさ 1
金持ち度 2
喋りの面白さ 2
清潔度 2
さわやかさ 1
不気味さ 9


ゲームでいうところの、レベル1の主人公が素手と布の服の装備でラスボスに挑むという感じか。
あまりにも無理がありすぎる。会心の一撃がでても倒せない。


これはさすがに、どんな有能なナンパの講師が教えても無理だろうと思った。
武器がないんだよな。

見た目はアレだけど、例えば喋りが上手ければ結果は全然違うが。
喋りが上手ければ変な芸人風ということで成立する。
いや、喋りはヘタでもいいからただ声がデカいというだけでもだいぶ違ってくるんだがそれもないからな。

見た目残念、喋り下手、金なし、不気味さ満載、若くない。さらに地蔵気味で数も打てない。
かといってダメ人間で母性本能をくすぐるわけでもなし。

どこに番号を教えようとする女がいるのだろうか?

非常に反面教師になった。


今まで誘われたりして4回くらい一緒にやって、ナンパの様子を見ていたんだけど…

女の子が声をかけられて明らかに引いている。


そして、この人に限ってナンパすると周りがメッチャ振りむくんだよな。
とにかく目立つ。

やはり怪しいオーラが出とるんだろうな。
挙動不審者特有の。

もうこうなると上手いとか下手とかのレベルじゃないよな。

見た感じ、たぶん1,000人声掛けて1人番号交換できるくらいだろうなと思った。

事実、いまだかつて一度も番号交換やブーメランの場面を見たことがなかった。

ホンマ、見ていて成功する絵が浮かんでこなかった。
仮に成功して連れ出しとかなっても食事奢らされてカモにされるだろうな。


また空気が読めないから声掛けのタイミングとかも悪いしトラブルになりそうな場面もあった。
彼氏待ちや親子連れに声をかけたりして。


ボソボソ小さい声で喋るからどういうトークをしているのかよく聞き取れなかったんだけど、一度近くで聞いて今だにずっと頭に残っているフレーズがある。
まぁアカントークなんだけど。


オッサンは女に番号聞こうとしていたんだけど、女は教えない。
当たり前だ。

しっかり会話もできていないのにいきなり番号など教えるはずない。
まずは会話をして和んでからだ。
順序があるぞ。

するとオッサンは悲壮感漂わせた表情で、女に手を合わせながら



「お願い!」



と言って電話番号を催促していた。


俺はリアルに引いてしまった。


オッサンよ…



お願いしてどうするねん(汗)



そんなことしたら、女に完全にペース握られるがな。

ヘボの俺でもわかる。

たぶんナンパで一番最悪な番号の聞き方だと思うぞ。

ナンパの講師がいたら怒られるぞ。

これならまだ、おもいきり上から目線で番号聞きに行くほうがマシだ。
もしくはお願いするにしてもふざけた感じがあれば。


たぶんボキャブラリーがないからその単語しかでなかったのかもしれんが。

しかしそんな面白い単語だされたらズッコけるがな(笑)

普段感情をあまり出さんオッサンが、珍しく悲しそうな焦った表情しながら番号交換を打診していたから
すごく印象に残っている。
手を合わせている様にも引いた。


今はどうしてるんだろうな。オッサン。
ナンパしてるんかな(笑)



まぁ今回とくに毒舌がひどいがなぜかというと訳がある。
(自分でもキツい表現だなと思ったが)

オッサンと後日喋っている時にすごい空気の読めていないムカつく言葉を発せられたんだな。

その内容はここでは言えないので割愛させていただくが。

のび太の時よりもムカついたな。ほんまに。


俺は思った。


なぜそんな空気読めてない発言するかね?



だからあんたはダメなんだよ。


というわけで、今回は特に個人的な感情がでてしまった記事となったのでした。
(しかし読み返してみると、たしかに自分でも気分が悪くなるような記事なので反省…)

2位の根暗ナンパ師はムカつきが全くなかったのであっさりした記事だったが。

まぁせっかく書いたので消すことはないけど。
しかしブログで書くとは俺も小さい人間だわ。ホンマに…

ただしムカつきがなかったとしても不動の一位は変わらない。

posted by ムロウ at 12:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

ナンパ in 梅田

1位のヘボナンパ師の記事を投稿する前に先週久しぶりにナンパをしてきたので書くぞ。

勘が戻ってきたがまだまだ出撃回数、声掛け数ともに少ないのでナンパしてきた。
ナンパ寿命も残りわずか…

数をこなしたいが、100人組手とかは今の俺にはしんどい。
ソロで長時間やっているとむなしくなっているし、時間を無駄にしている感がすごい。

何時間もかけて100人声掛けなど全盛期を過ぎた老体の俺にはとても無理だ。
集中力がもたんし、あまりいい結果をうまないと思う。





だが


1時間ならどうだ?


1時間だけみっちりなら、100人組手以上のペースで声をかけられるのではないか?

過去のブログ記事を自分で読むことなのどほとんどないが、ふと100人組手の修行の記事を読み返してみた。
多いときで1時間に30人ペースで声をかけているな。
一番多い時で30分で20人近い時もあった。
しかも共通して最初の1時間、2時間がロケットスタートをきって数が多い。

数だけいっても…と思われがちだが、ナンパは数をこなすことが非常に重要な要因になってくるのは否定できまい。


1時間で20人。


これからはこれを目指してみるか。

ダブルワークの自分には時間がないので短時間で集中的に数を行く。

まぁ先週はバイト前に結構時間があったので3時間できた。
バイトの出勤前に3時間梅田でパーナンよ。

1時間で20人ペースでいったらさすがにボウズでも時間を無駄にした感はないだろう。
充実していると思う。

仮に到達できずに半分の10人で終わったとしても、それはそれで十分な数だ。


とりあえず今日は30人を超すぞ!

30人を超すには40人を目指すつもりでないと到達できない。

だが意気込んで梅田に着くものの、ソロでがっつりナンパするのはブランクがあったのでいきなり地蔵になりテンションが下がってしまった。
人の多さにビビるわ。
SANY0456~1.JPG


あかん…


固まってしまう…



しかたない。



使うつもりはなかったが普段からカバンに入れているウォッカを飲むか。

スキットル(水筒)に入っていてまだ8割近く残っている。
SANY0450~1.JPG

急なアポや連れ出しになった時に、トイレなどで飲んでテンションを上げるためにカバンに忍ばせている。


ちなみにこのウォッカは2年前位に買った度数40%のウォッカだ。
蒸留酒なので腐らず、賞味期限は半永久的だ。

ウォッカは少量で酔えるので、腹がタプタプにならず動きも鈍らないので最高の酒だ。
ビールはたくさん飲まないと酔えないからな。


近くのコンビニで、あとで来る激しい酔い を醒ますためにグレープフルーツジュースを買っておく。
グレープフルーツはアルコールを分解してくれるからな。

酒に頼るとは情けないが。


まぁいい。

とにかく今日は結果より数だ。





いけ。


全盛期の勢い取り戻すのだ。



4,5人ではどうにもならんが…



1時間で20人いけば結果はついてくる。



…多分(苦)



いけばどうにかなる(笑)



むぅ!ゆくぞ!


40歳の中年男がストリートナンパだ!
1時間の最高記録を目指す!



パーナン!パーナン!



クソが!クソがッ!ww



怒涛の勢いで声をかけていく!
目に入ったらすぐだ!
SANY0460~1.JPG

3秒ルールを徹底する!

声をかけやすい場所や間など関係なし。
40歳孤独男がバカやるぞい。

これだけのペースだと断られてもヘコむ間もない。
断られてもすぐ、断られてもすぐだ!

ナンパではなく、なにか別のスポーツのようだ(笑)


歩き回って物色するので酔いが回るのも早い!


だが誤算が起きた。

最初の1時間は酔いすぎて、意識はあるのだが呂律がしっかりまわっていない(苦)

しかし酔っているとマイナス思考がなくなるな。

「断られたらどうしよう」
「後ろの人にナンパを見られたらどうしよう」

という思考がほぼなくなる。

それよりも楽しい気分が上回る。

シラフで毎日この状態なら人生楽しく生きられるのにな。

楽しく生きるのも気の持ちようということか。


最初の1時間は呂律が回ってなくてひどかったが数はいけた。

2時半〜3時半 21人 成果0
SANY0455~1.JPG

1時間たつと少しマシになってきた。
3時半〜4時半 13人 成果0

最後の1時間は酔っているが呂律のまわりはだいぶ落ち着いてきた。
それとともに声掛け人数は減ったが…

4時半〜5時半 7人 成果0

計3時間 声掛け人数41人 成果0  クソが。





なんだこりゃ。


1人くらいはいけると思ったが。

やはり梅田の地下街は一番難易度が高く感じる。

まぁ久しぶりに数をいってテンションは上がった。


だがこのウォッカは量を考えねばいかんな。
呂律が回らなくなるし、この後夜勤のバイトだったが夜中1時から朝5時くらいまで二日酔いの頭痛でかなり苦しんだ。
運よく忙しい土曜日なのに、あまり電話がならずに助かったが…

グレープフルーツジュースも200mlの1本だけなのがまずかったか。
アルコールを分解しきれなかった。

デカい500mlのを1本買っておくべきだったと反省。

こうして見ると俺は成長が少ないよな。
人をヘボと言いながら自分がヘボではないか。


結果はダメだったが、復帰当初に思っていた「オモロー生きる」というのをこの日はできたことだけが救いか。

今回の酒の失敗でおおよそ、自分の適量が分かってきた。

ウォッカをかなり少量にして、缶ビール1本を足すくらいがちょうどいいのではないか。
それだと頭痛も起きないような気がするな。
また今度実験してみよう。

今は多忙な身だから100人修行とかは無理だが3,4時間くらいならできるのでまた50人くらいの修行をしたい。
継続的にやっていきたいな。

まぁ50人いくまでに成功しろよという話だが(悲)

posted by ムロウ at 13:53| Comment(11) | TrackBack(0) | ナンパ修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。